伊集院光、ラグビーW杯で「にわかスポーツバー」となった飲食店で常連が居場所を失ったエピソードを語る「どんどんラガーシャツばっかに…」

2019年10月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラグビーW杯で「にわかスポーツバー」となった飲食店で常連が居場所を失ったエピソードを語っていた。

伊集院光:今度、構成が2人も3人もいるんで、その中の瓶底眼鏡(放送作家)君が行ったのは、瓶ちゃん、競馬も好きで。新宿のウインズで馬券買って、で、イヤってほどお金を消費して(笑)

馬券買って、グリーンチャンネルっていうの?競馬の結果ずっとやってるテレビ局。いつもは、グリーンチャンネルがずっとつけっぱなしになってることで、必ず馬券買った人がその中華屋行くと。

で、中華屋で飯食いながら、その馬券を握りしめメシを食い。で、いいのが当たると「酢豚追加しちゃおうかな」みたいな。そういうお店が、にわかスポーツバー化して。元々ある意味スポーツバーなんだけど。

競馬、散々っぱら競馬やって、で、長居していいところだから、長居してたら、どんどんレプリカユニフォームの人が入ってきて。どうやら、そこがチラチラ表の様子を見ていると、自分たちが入ったときには、いつもの競馬の感じなんだけど、ラグビー中継見れますっていうのが、表に貼ってるらしいの。

要するに、瓶ちゃん入った後で貼ってるらしいの。それは、「なるほどそういうことなんだ」と思って。じゃあ、自分もこのままいれば、ラグビー中継みんなで見れんだと思って。

「じゃあ、ちょっと長居してみようかな」っていう。で、自分の買ってるレースも全部終わっちゃって。その後は、今後の競馬だけのチャンネルだから。天皇賞への展望だとか、台風で順延になったレースがどうなりましたみたいな番組やってるんだけど。

で、どんどんどんどん、表の張り紙見て、レプリカユニフォーム入ってくるから。「この人たちと一緒に盛り上がるの面白いな」って思ってたら、お店の人とその人たちが軽く揉め始めて。

まだ始まるまでは時間あんだけどさ、その前の盛り上げ番組ずっとやってんじゃんか。その段階で、ラガーシャツの人たちは早くチャンネル変えてくれってお店の人に言ってるんだけど、お店の人は元々はグリーンチャンネルを見ながら、馬券を握り締めるところだから。

瓶ちゃんはそれでいつも来てるところだから。「すみません、競馬の連中が帰るまで…」って、指さされてんだって(笑)

「競馬の連中が帰ったら、すぐ変えますから」って(笑)別に、瓶ちゃん的にはラグビーも見たいから。家で帰って一人暮らしで一人ぼっちで見るよりは、みんなで見たいと思ってるんだけど、その人も大事にしてくれてるわけ、常連だから(笑)常連の競馬の人をないがしろにして、ラグビーにしちゃっていいものかったことになってるんだけど、ずーっとこのままだと瓶ちゃんに気を使ってグリーンチャンネルを変えない感じなんだって。

で、いよいよ向こうも「なんだよ」ってなってるものの、そのおじさんの顔を立てて我慢してる感じになってるから。このまま時間が近づいてっちゃって、どんどんラガーシャツばっかになって、下手したらスクラムで押し出されんじゃねぇかってなって。

本当はみんなで見たいんだけれども、帰るっていう(笑)早く家に帰って見ようってなるっていう(笑)

あのなんか、にわかスポーツバー感覚はちょっと面白かったですね。

伊集院光、ラグビーW杯の盛り上がりで「にわかスポーツバー」が急増していると指摘「一応、大画面のテレビはあるけれども…」

伊集院光、ラグビーW杯でビギナーファンを「にわかファンという蔑称」で呼ぶことへ違和感「似て非なるもんだと、僕は思ってる」



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事