吉田明世アナ、自分の限界をやる前から決めてしまうのではなく「一歩行動に出す」ことをやってもらいたいとアドバイス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月3日放送のTOKYO FMのラジオ番組『土曜日のエウレカ』(毎週土 17:00-17:55)にて、アナウンサーの吉田明世が、自分の限界をやる前から決めてしまうのではなく「一歩行動に出す」ことをやってもらいたいとアドバイスしていた。

川島明:これまでの人生の中で見つけた、一番のエウレカ。つまり発見や気づきですね。

吉田明世:はい。

川島明:これを挙げるとすれば?

吉田明世:そうですね、いくつになっても、チャレンジってできるんだなってことですね。

川島明:ああ、はい。

吉田明世:今日も何回かお話したんですけど、私は大学生までやりたいこととかそんなになかったんですけど。

川島明:うん。

吉田明世:TBSアナウンサーになって。で、TBSに入った時は、「定年までTBSにいる」って決めてたんですよ。でも、結果的に保育士の資格もとって、その資格をとったことも、子供が生まれたら絶対資格とか挑戦できないから、今やろうと思って。

川島明:なるほど。

吉田明世:で、結果的に子供が生まれた後も絵本専門士になって。で、その後、今、ピラティスの資格も取得中なんですけども(笑)

川島明:ああ、ああ。また頑張り過ぎてない?大丈夫?

吉田明世:ふふ(笑)楽しくてしょうがないんですけども。自分はこれしかできないとか、自分はこういう状況だから、チャレンジできないって決めつけるんじゃなくて、自分が楽しそうだな、やってみたいなって興味がある、その気持ちそのものを大事にして、一歩行動に出せば、どんどん、どんどん次のチャンスとかに繫がっていくんだなって、身をもって実感したので。

川島明:動き出すもんですよ。

吉田明世:だからそうですね、チャレンジは何歳からでもできるので、リスナーの皆さんも今、気になってることあるんだったり、勉強してみたいって思うことがあったら、ぜひチャレンジしてもらいたいなって思います。

川島明:これ、また変に調べるとね、臆病になっちゃうんですけど。

吉田明世:うん。

川島明:とりあえずやってみるということ、ぜひその気持ち大事にしていただきたいと思います。

吉田明世:はい。

解離する「ネット炎上」と「テレビ番組の視聴率」-過剰反応しないことの重要性
28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金曜日13:00-15:30)で、お笑い芸人・カンニング竹山が、炎上やネット上での批判と、テレビ番組の視聴率との関係について語っていた。 カンニング竹山、炎上やネット上で...
有吉弘行、『レディース有吉』が事前の説明と内容が異なった上にコロコロと内容変更を繰り返して半年という短命に終わったことで番組スタッフに激怒「マジで腹立ってる」
2020年12月6日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、『レディース有吉』が事前の説明と内容が異なった上に、コロコロと内容変更を繰...
タイトルとURLをコピーしました