伊集院光、ラグビーW杯スコットランド戦を福岡空港で見ながら50人ほどがパブリックビューイングのように応援していて驚く「日本変わったな」

2019年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラグビーW杯スコットランド戦を、福岡空港で見ながら50人ほどがパブリックビューイングのように応援していて驚いたと語っていた。

伊集院光:ラグビー、にわかです。本当ににわかだけど、そのにわかの自分がさ、パス回しとトライみたいのにさ、ちょっとグッときて涙出そうになるっていうのは、すげぇなっていうのと。

それと、「スコットランドのディフェンス凄いよ」って、一応解説の人が言ってるから凄いんだと思って見てるけどさ、ターレに轢かれてるみたいな(笑)

うっかり、ちょうど形がさ、小ぶりのいわし持ってさ、親方のところ走ってったら、ターレにドーンッて轢かれて、「誰かこれ持ってって、親方んところ」っつったら、そいつもターレにドーンッて轢かれてる。

で、そのターレを受け止めたりとかしてるでしょ。で、その確実にギリギリのところでその子ぶりのいわしを投げて、ちゃんと抱えて。前に落とすとノックオンになっちゃうから。ノックオンになっちゃうし、いわしダメになっちゃうからみたいのを、ずっとやってるのと。

ちょっと日本、変わったな。俺も変わったなってちょっと思ったのは、あの試合まさに、九州から帰ってくる、博多の空港のロビーのテレビで、ちょうどやってたの。

そしたらさ、その空港のロビーのテレビの前に50人かな、もうちょっとぐらいいたかな、人が集まって、試合見てんだけど。もう、最初の内は日本のピンチに「ああ!」って声出ちゃう感じで。

途中から、日本のチャンスとかトライに「ワーッ」ってなって。空港のロビーだよ、途中から「ニッポン!チャチャチャ」って、パブリックビューイングみたいになっちゃって。さすがにそれは加わることはしないまでも、何かしょうがないのかなぁ、みたいな感じになって。

どれぐらい前までかな、それこそサッカーのワールドカップみたいな文化が、自分たちみたいな人間にも聞こえてきた頃って、サッカーの盛んな国ではもう始まっちゃうと街中で大騒ぎですよ、とか。

「サッカーを見るために、有給とるなんて当たり前ですよ」みたいのを聞いて、「俺ら日本人はちょっと考えられないねぇ」って。「スポーツでそこまでなんの?」って思ってたけど、もはやそういう国になったんだぁっていう。

山里亮太、『スッキリ』のラグビーW杯特集の的外れな内容で「これ、大丈夫か?」と心配「観戦しに行こうって気持ちにならない」

伊集院光、ラグビーW杯解説の元日本代表選手が「日本の勝利」と予想しながらも実際に勝って「奇跡ですよ!」と涙ぐんでいることに「あの差を見るのが好き」

有吉弘行、畠山健介選手がラグビーW杯を観戦しつつ『サンドリ』を聴いていることに「ラジオ消して集中しなさいよ(笑)」



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事