伊集院光、みのもんたとの共演が若手時代にイヤだった理由を告白「みのもんたさんって…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年8月20日配信開始のYouTubeチャンネル『千原ジュニアYouTube』の動画で、お笑い芸人・伊集院光が、みのもんたとの共演が若手時代にイヤだった理由を告白していた。

伊集院光:昔、みのもんたさんと番組やると、みのもんたさんって、収録の手順からスケジュールから、全部分かってるからさ、「ここ切られる/切られない」が全部分かってるから。

千原ジュニア:うん。

伊集院光:2時間番組、2時間で撮るんだよね、あの人。

千原ジュニア:ああ。

伊集院光:そうすると、盛り上がってきている時に、こっち側は若手だから1秒でも多く映りたいから、もっと話を広げようとすると、「足りてるから」っていう空気を出してきて。

千原ジュニア:はい。

伊集院光:で、向こうは俺たちと違って、「その話、全部使うことはないから、もうこれ以上広げてもダメなんだよ」っていうジャッジをみのさんがしているのが、凄いイヤだったの。

千原ジュニア:うん。

伊集院光:だけど、自分もそこまでいかなくても、それに近いことをしなきゃならない時がある。

千原ジュニア:うん。

伊集院光:出演者の内の誰かがこうですっていうことがあったり、後ろがあります、みたいな時に、やむを得ず効率よく撮ったりとかするのは仕方がないんだけど。

千原ジュニア:うん。

伊集院光:そうじゃない時も、大体こんぐらい、みたいなOKが自分の中で出ないようにしようとか。最近、そんなことばっかだな。

伊集院光、タモリやみのもんたに挟まれていたTBSの昼帯番組を「5年計画で君を育てる」と言われて引き受けるもたった3週間で番組スタッフが後任を探していたと暴露
2021年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、タモリやみのもんたに挟まれていたTBSの昼帯番組を「5年計画で君を育てる」と言われて引き受けるもた...
伊集院光、みのもんたをゲストで呼ぶために竹内香苗アナへ「なんか弱み握ってないの?」と発言
2020年1月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、みのもんたをゲストで呼ぶため、竹内香苗アナへ「なんか弱み握ってないの?」と発言していた。 ...
タイトルとURLをコピーしました