佐久間宣行P、『あちこちオードリー』は若林が自ら「フリートーク番組」として成立させたと明かす「保険を1回も若林が使わないで、収録を3回ぐらいやって」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年7月19日配信開始となったYouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』の動画にて、テレビプロデューサー・佐久間宣行が、『あちこちオードリー』は若林が自ら「フリートーク番組」として成立させたと明かしていた。

佐久間宣行:やっと『あちこちオードリー』っていう番組で、若林のラジオで持ってるフリートーク力と聞く力を、存分に出せるフリートークバラエティを作れたかrあ。

中田敦彦:うん、うん。

佐久間宣行:それはね、ずーっと思ってて、やっとっていう感じ。

中田敦彦:そうなんだ。『あちこちオードリー』って、かなりフリーじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

中田敦彦:で、僕の見た佐久間さんって、企画の人だと思うんで。

佐久間宣行:うん。

中田敦彦:フリーの番組を作るっていうことに対して、もっと手の込んだものにしたいっていうのはなかったのかなぁって思ったんですけど。

佐久間宣行:実は『あちこちオードリー』って最初は、フリーだけでいけるかどうか自信がなくて。

中田敦彦:はい。

佐久間宣行:「困ったら頼れる質問ボード」とか。

中田敦彦:はい。

佐久間宣行:保険はたくさん用意してたの、収録で。

中田敦彦:なるほど、なるほど。

佐久間宣行:全部用意してて、で、「フリーっていうのが企画です」って立てた方が、その頃はアンケートトーク全盛だったから。

中田敦彦:はい。

佐久間宣行:アンチテーゼとしては面白いんじゃないかと思ったんだけど。

中田敦彦:はい。

佐久間宣行:保険は全部用意してたら、その保険を1回も若林が使わないで収録を3回ぐらいやった時に、「コイツ、使う気ねぇな」と思って、全部下げたっていう。

中田敦彦:なるほど。使わなかったんですね。

佐久間宣行:使わなかった。

中田敦彦:それは凄いですね、若林さん。

佐久間宣行:それで自分でフリートークの番組にしたのよ、オードリーは。

中田敦彦:なるほど、持ってったんだ。

佐久間宣行:そう、そう。フリートーク前半、後半ちょっと用意しているものも、一応質問案とか、スタッフ側とか、街の意見みたいのもある状態にしてたんだけど。

中田敦彦:うん。

佐久間宣行:そこなしで。逆にこっちがそれを用意したから、焚きつけられたのかもしれないが。

中田敦彦:ああ。

佐久間宣行:なしで全部面白くしてくれたから、全部そこを取っ払って、今、完全フリートークバラエティっていう。

オードリー若林、『あちこちオードリー』は自分たちが「吉本芸人ではない」からこそ続けられていると思う理由
2022年6月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『あちこちオードリー』は自分たちが「吉本芸人ではない」からこそ続けられている...
佐久間宣行P、『あちこちオードリー』は東野幸治が出演したことでその後の方向性が定まったと明かす「仕事の話をする番組に」
2022年6月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント』にて、お笑い芸人・東野幸治が、『あちこちオードリー』は東野幸治が出演したことでその後の方向性が定まったと明かしていた。 佐久間...
タイトルとURLをコピーしました