神田松之丞、宮藤官九郎は落語ファンにとって「恩人」のような存在だと語る「下火になった時、『タイガー&ドラゴン』で…」

2019年10月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田松之丞が、宮藤官九郎は落語ファンにとって「恩人」のような存在だと語っていた。

神田松之丞:やっぱ、宮藤官九郎さんの何がいいかっていうとさ、なんか威張ってないじゃん。宮藤さんってさ、自分を引き算っていうか、落とすんだよね、なんか。

だって考えたら宮藤さんってさ、ある種、大作家っていうかさ。ありとあらゆる脚本を当ててきてさ、威張ってていいじゃん。で、なんか威張ってないよね。なんか、むしろ顔だけ見るとアホみたいな顔してんじゃん。

でも、凄い賢いわけじゃん。で、歯とかもさ、すきっ歯なのかなんだか分からないけど、治してないし、あと、基本、すげぇ汚いじゃん、歯も。

あとなんか俺の中で宮藤官九郎さんって何だろう…なんかこんだけ大作家になっててもさ、『いだてん』とかすげぇ面白いのにさ、視聴率とれないってだけで、なんかちょっとバカにされてる空気あんじゃん。

でも、内容見たら俺、毎回レコメンドしてるから分かるんだけど、めちゃくちゃ面白いの。で、しかも落語ファンだから、落語の志ん生とか出てくるから、より落語ファンは楽しいんだけど、その落語ファンも見てないっていう、『いだてん』を。

凄いいいもの作ってるのに、あんまり視聴率で反映されてない。でも、『あまちゃん』とか当てたりとかさ、『タイガー&ドラゴン』とかさ。

落語好きにとってはさ、宮藤官九郎さんてのは、なんか落語界の恩人っていうかさ。本当に下火になった時、『タイガー&ドラゴン』っていう、落語を扱ったドラマでバーンって上がって。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事