ニューヨーク屋敷、『USO!?ジャパン』でトラウマとなっている最怖の都市伝説について語る「団地の一室からずっと見ている女性が…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年6月5日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、『USO!?ジャパン』でトラウマとなっている最怖の都市伝説について語っていた。

屋敷裕政:『USO!?ジャパン』であった、団地から女の人がこっちを見とる話。

嶋佐和也:ああ、あったなぁ。

屋敷裕政:女の人のシルエットがこっちを見てる、と。ずーっと、団地から。

嶋佐和也:ああ、思い出した。

屋敷裕政:で、男は仕事終わり、ジョギングかなんかで行く、と。で、毎日、その女の人がこっちを見てる、と。訴えかけてくるように。

嶋佐和也:思い出した。

屋敷裕政:で、ニュース見た時に、女の子が監禁されてて、見つかりましたみたいなニュースを見た時に、男はパンッて閃いたっていうか、思って。もしかしたら、あの女の子監禁されとるんちゃうかって。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:普段、生活しとる奴がそんな窓からずっとあんなふうに外見とるのおかしいよなってなって。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:その男が団地に行って、ピンポンピンポン押しても反応せぇへん、ガチャガチャってやっても出ぇへん。で、バーンって入ったら、首吊った女の人やって。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:ずっと首吊り死体の女のシルエットと目ぇ合っとったっていう話なんやけど、これがもう俺、怖すぎて(笑)

嶋佐和也:俺も思い出した。

屋敷裕政:めちゃくちゃ怖すぎて。

嶋佐和也:それ、『USO!?ジャパン』で有名だもんね。

屋敷裕政:『USO!?ジャパン』で有名な話。しかも俺、団地で4階だったから、毎日、4階だけは見ぃひんようにして(笑)

ナイツ塙、ラランド・サーヤの都市伝説話に怖くなってしまった四千頭身・石橋が「明るい話しませんか?もうイヤです」と言いだしたと明かす
2020年12月7日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、ラランド・サーヤの都市伝説話に怖くなってしまった四千頭身・石橋遼大が「明るい話しませ...
伊集院光、瑛人が語った怪談話にオカルトとは全くベクトルの違う恐怖「そういうんじゃないジャンルのやつ(笑)」
2021年6月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、瑛人が語った怪談話にオカルトとは全くベクトルの違う恐怖を感じたと語っていた。 リスナー...
タイトルとURLをコピーしました