加藤浩次、山本圭壱にコンビ名「極楽とんぼ」の由来についてウソをついたところ8年信じ続けていたと明かす「山本が取材のたびにその話をして…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月28日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週土 毎週土 24:00-25:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、山本圭壱にコンビ名「極楽とんぼ」の由来についてウソをついたところ8年信じ続けていたと明かしていた。

加藤浩次:そもそもだから、「極楽とんぼ」ってコンビ名をつける時に、ウソついてたからな。

山本圭壱:そうなのよ。

大谷映美里:え?どういうことですか?

山本圭壱:俺、8年騙されてたから。

大谷映美里:どういうことですか?

山本圭壱:コンビ名をつける時に、俺が提案したのが、「なまけものブラザーズがいい」って言ったら、加藤が「うーん…」って。

大谷映美里:うん。

加藤浩次:「ちょっと考えるわ」って言ったんだよ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:当時、「山さん」って言ってたし、2個上だったから、山本のことを「山さん」っつって、気をつかってたんだよ。

小峠英二:ああ。

加藤浩次:言ってみれば、高1の時の高3のわけじゃん。2個上って、結構上じゃん。

小峠英二:はい、はい。

加藤浩次:若い頃って。だから気を使ってたんだけど、「なまけものブラザーズ絶対ヤダな」って思って。

小峠英二:うん、よくない。

加藤浩次:ふふ(笑)よくないから、「ああ、そうかぁ」っつって。「考えるわ」みたいな感じでごまかして、山本を説得するためにどうしたらいいかって考えて。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:「松田優作さんのお墓に、極楽とんぼって掘ってあるらしいぞ」って。

小峠英二:へぇ。

加藤浩次:って言ったら、山本が「いいな、それ」って。

小峠英二:へぇ、すげぇ。

加藤浩次:すげぇ乗ってくれたから。そこからそのウソをずーっとついてて。で、山本が取材のたびにその話、自分の話のようにするわけよ。

小峠英二:すげぇ。

加藤浩次:で、俺も横でクスクスずっと笑ってたの。

山本圭壱:好きだからね、役者さんとして。

加藤浩次:自分で決めてないのに、俺が決めた、みたいに言うわけ。

山本圭壱:まぁまぁ。

加藤浩次:「松田優作さんが」みたいな話をするわけ。「バカだな、コイツ」って思って。

大谷映美里:ふふ(笑)

加藤浩次:徐々に「山さん」から、「山本」になってくよね。

小峠英二:はっはっはっ(笑)

山本圭壱:で、8年後にまた取材で同じようなことを言ってたら、「アレお前ウソだぞ」って。

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

山本圭壱:取材中に知るんだから。

おぎやはぎ矢作、コンビ名の由来は「コンビ名を決めることができなかった」から仮で書いた「小木と矢作」であると語る
2019年8月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、コンビ名の由来は「コンビ名を決めることができなかった」から仮で書いた「小木と矢作」で...
佐久間宣行P、レミオロメンの名前の由来に驚き「ウソでしょ?怖っ…」
2021年7月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、レミオロメンの名前の由来に驚いていた。 普通のサラリ...
タイトルとURLをコピーしました