『有吉の壁』が誕生したきっかけを総合演出・橋本和明が語る「コント番組をやりたかったが、お金がなくて…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、日本テレビの制作局専門副部長である橋本和明が、『有吉の壁』が誕生したきっかけについて語っていた。

佐久間宣行:『有吉のバカだけどニュースをはじめました』とかを深夜にやってる頃、その時に、「日テレの一緒にやってたスタッフが、『有吉の壁』って番組を立ち上げてくれたんだよ」みたいなことを、有吉さんから聞いたんですよ。

橋本和明:はい、はい。

佐久間宣行:特番見て、めちゃくちゃ面白ぇなって思って。

橋本和明:はい。

佐久間宣行:で、調べたらプロデューサーが橋本さんで。

橋本和明:はい。

佐久間宣行:あれは8年前ぐらいですか?

橋本和明:あれは8年前ぐらいですね、深夜に。

佐久間宣行:うん。

橋本和明:なんかもう、当時、お笑い凄いやりづらい時代で。

佐久間宣行:全然なかったもんなぁ。

橋本和明:で、「なんかやりたいですね」って話をしてて。

佐久間宣行:うん。

橋本和明:で、有吉さんとご飯行く機会があって。その場でやりたいですねって話をして、勢いで企画書出したっていう。

佐久間宣行:それが、あの時通るって。で、しかもあの時最初は熱海でしたっけ?

橋本和明:熱海ですね。

佐久間宣行:熱海で、一般人の人をひっくるめて自由にボケるって。俺、やっぱあれ発明だと思ったのは、コント芸人って、バラエティ番組出た時に苦しんでるって、よくあったじゃないですか、一時期。

橋本和明:ありましたね。出方難しいですよね。

佐久間宣行:出方、超難しいっていう。

橋本和明:はい、はい。

佐久間宣行:漫才の人たちは、平場でキャラクターでやれるけど。でも、それ俺たちもずっとテーマの一つだったのに、『有吉の壁』見たら、「やべぇ、コント芸人、そのまま得意分野でバリバリ笑いとってんじゃん」って思って。

橋本和明:はい。

佐久間宣行:あれは俺、本当にマジで「俺が考えたことになんねぇかなぁ」って思って(笑)

橋本和明:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)思った番組ですね、最初に見た時。あれはどうやってできたんですか?

橋本和明:あれはやっぱりでも、僕はコントをずっとやりたいっていうのがあって。それこそ、ジョビジョバ世代なんで。

佐久間宣行:そうか。

橋本和明:フジテレビのジョビジョバ、『さるしばい』とか見て育った世代だから。で、落研だし。

佐久間宣行:うん。

橋本和明:コントずっとやりたかったんですよ。

佐久間宣行:なるほど、なるほど。

橋本和明:で、やろうと思った時に、やっぱお金がないんですよね。

佐久間宣行:まずセット作れないもんね。

橋本和明:セット費が一個200万とかするじゃないですか。で、セット建てられないって時に、「じゃあ、ロケでやろう」みたいなことが最初で。

佐久間宣行:ああ、最初はコント番組をやりたかったんだ?

橋本和明:やりたかったんですけど、お金ないからロケでやろうって言って、熱海でああやってやってて。

佐久間宣行:コント番組をやりたかったのが、ああやってコントの大喜利みたいなのを順番に見てって、○×つけるってルールに変わってったんだ。

橋本和明:なって。

佐久間宣行:コントありきだったんですね。

橋本和明:そうですね。だから、やってる時、もう訳分かんなかったです。「これ、面白いのか、何をやってんのか」って、現場でも。

佐久間宣行:ああ、そっか。だってみんなめいめいに仕込んでるから、何出てくるか分からないし。

橋本和明:何出てるかって。さしてスタッフも把握できてないし、みんなその場でエンジンかかるから、打ち合わせとも全然違うことやるし。

空気階段・水川かたまり、『有吉の壁』で有吉弘行が自分たちに「バツ」をほとんど出さない理由を考察
2022年3月28日放送のTBSラジオ系の番組『空気階段の踊り場』(毎週月 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・空気階段の水川かたまりが、『有吉の壁』で有吉弘行が自分たちに「バツ」をほとんど出さない理由を考察していた。 ...
とにかく明るい安村、『有吉の壁』でロケをしたよみうりランドを子供と訪れて「ああ、ここでスベったなぁ…」と思い出してしまったと告白
2021年9月22日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・とにかく明るい安村が、『有吉の壁』でロケをしたよみうりランドを子供と訪れて「ああ、ここでスベったなぁ…」...
タイトルとURLをコピーしました