おぎやはぎ矢作、バナナマン設楽など「社会人経験のある芸人」の特徴は「自分は芸能人」という意識が低い点にあると語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年4月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、バナナマン設楽など「社会人経験のある芸人」の特徴は「自分は芸能人」という意識が低い点にあると語っていた。

矢作兼:デイリー新潮の記事でね、「おぎやはぎ、設楽統、藤井隆…元サラリーマン芸人はなぜ強い?」っていう記事があって。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:まぁ、たしかに設楽さんも鉄道員だったからね。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:一旦、就職しているということでね。

小木博明:うん。

矢作兼:どういう記事かと言うと、ワイドショーのMCやコメンテーターも相当やりにくそうだけどね、言葉を選ばなきゃいけないから。

小木博明:そうか。

矢作兼:「悪事が表沙汰になるたび、気まずい思いをするのは本人や関係者だけではない」と。

小木博明:うん。

矢作兼:「ワイドショーのMCやコメンテーターも相当やりにくそうだ。辛辣に突き放せば視聴者は喜ぶが、業界内では裏切り者のように見られるだろう」。

小木博明:そう。

矢作兼:「その点、冷静に距離を取っているなと思うのが、社会人経験のある芸人たちである」と。

小木博明:おっ、なるほど。

矢作兼:「筆頭はおぎやはぎの二人だろう。『バイキング』では歯切れの悪いコメントをするタレントたちの中で、飄々と毒を吐いて全体のバランスをうまく取っていた」と(笑)

小木博明:いやいや、違うよ(笑)凄い、業界内では、裏切り者のように見られてたよ。

矢作兼:うん。「おぎやはぎにしろ設楽さんにしろ、良くも悪くも芸能人に期待していないスタンスが感じ取れる」と。

小木博明:まぁ。

矢作兼:「どんなに顔が良かろうとお金を稼いでいようと、芸能人だっていい人もいれば悪い人もいるでしょ、という冷めたまなざし」。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:「でも、言ってやったぜ、という気負いや自己顕示欲は見られない」。

小木博明:そんな人ばっかりだからね。

矢作兼:たしかに、この通りだよ。

小木博明:周りに期待するなってことを、言いたかったわけだよね、俺ら。

矢作兼:うん。まぁ、芸能人ってなぁ…っていうのを思ってないからな。芸能人って思ってないからな、そもそも。

小木博明:そうなのよ。

矢作兼:これ、本当大変なんだよ。芸能人だって思うようになるの、大変なのよ。

小木博明:うん。

矢作兼:誰もそんな俺たちに興味ないしとかずっと思ってやってると、芸能人としての自覚がないと変な問題を起こすから。

小木博明:はい。

矢作兼:俺はちゃんともう、人に見られる仕事だから。

小木博明:うん。

矢作兼:ちゃんと自覚しなきゃいけないって思わない限りは、俺は芸能人だなんて、思うタイミングがないんだよな。

小木博明:ないんです。

矢作兼:だから多分、それがサラリーマンやってた…

小木博明:そうか、一回社会出てね。

矢作兼:っていう感じだからなのかなぁ。

小木博明:うん。

矢作兼:あとそうね、そんなに芸能人を偉いと思ってないからなぁ。

小木博明:そうなのよ。大体、ダメな人が芸能界に来たんだろうなぁって思っちゃってるから。

矢作兼:たまたま一個の能力が優れてただけで、全然人として優れてないから、それはバカにするよな。

小木博明:バカにする…バカにしてるわけじゃないんだよ(笑)

矢作兼:ふふ(笑)

バナナマン設楽、おぎやはぎのゴシップ好きは「昔っから」であると語る「特に小木さんだけど、矢作さんもそうだけど」
2020年10月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、おぎやはぎのゴシップ好きは「昔っから」であると語っていた。 ...
タイトルとURLをコピーしました