東野幸治、BSよしもとが開局するも「こんだけ世の中が開局に湧いてない」ことに驚き「テレビ創世記やったら、ワーワーなるけど…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年3月18日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、BSよしもとが開局するも「こんだけ世の中が開局に湧いてない」ことに驚いたと語っていた。

東野幸治:BSよしもとが来週の月曜日、開局というところで。僕、やらせてもらうんですよ、開局特番、6時間。開局ですよ。

で、こんだけ世の中が開局に湧いてないって思わなかったから。特に大阪なんか「開局、開局、開局…」って。テレビ創世記やったら、ワーワーなるけど、誰一人街を歩いてても、「BSよしもと、開局や」って声を聞かない中。

だから、BSよしもとが、地域に光を当てたテレビ局を作る。地域密着。東京一極集中ではなくて、地域。アメリカやヨーロッパではなくて、アジアみたいなことの、吉本が15年以上前から言うてることが実を結んで、総務省がハンコを押して、チャンネルが一個増えるんですよ。

自慢やないけど、俺、BSフジが今から10年、15年以上前に開局特番、僕もやったんですよ。元フジテレビの八木さんと一緒にやって。これ、2つ目ですよ、開局特番。6時間、和牛とやるんです。

東野幸治、BSよしもとの開局が前途多難で「心配」であると考える理由「もう、羽とれてますやん(笑)」
2022年3月4日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、BSよしもとの開局が前途多難で「心配」であると考える理由について語っていた。 東野幸治:僕の中...
タイトルとURLをコピーしました