ノンスタ石田、ロングコートダディのM-1決勝ネタはコントと漫才が混在してしまっている部分があったと指摘「コント内のツッコミなのか、漫才師としてなのかが微妙」

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、ロングコートダディのM-1決勝ネタはコントと漫才が混在してしまっている部分があったと指摘していた。

石田明:ロングコートダディは、漫才これからやと思うんで言うと、やっぱコント内のツッコミなのか、漫才師としてツッコんでるのかが微妙なところがちょこちょこあるんですよ。

岡村隆史:ああ。

石田明:コント風のツッコミをしてるのに、手を触ってもうてたりとか。

岡村隆史:ああ。

石田明:っていうと、凄い中途半端なんですよね。

岡村隆史:うん。

石田明:ってなったら、「あれ?」って。

岡村隆史:あ、コントやったらそんなことせぇへんのか。

石田明:しないじゃないですか、手をバーンみたいな。

岡村隆史:うん、うん。なるほど。

石田明:そんなんもあったりとか。

矢部浩之:漫才というコントをしているように見える?

石田明:そうですね。コント師からいくと、コント師から漫才に寄せていくんで。

岡村隆史:ああ。

石田明:漫才師は、漫才師から外れていこうとしてるじゃないですか。

岡村隆史:うん。

石田明:だから今、同じようなことをしてるんですけど、入り口が違うから、見え方が全然違うんですよ。

岡村隆史:なるほど。



ナイナイのANN

本日の人気記事