ノンスタ石田、M-1グランプリ2021が「後半に跳ねきらなかった」要因はランジャタイの出順にあると考える理由

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、M-1グランプリ2021が「後半に跳ねきらなかった」要因は、ランジャタイの出順にあると考える理由について語っていた。

石田明:ランジャタイ、ここは凄かったですね。

岡村隆史:ちょっと早すぎたんじゃないでしょうか。

石田明:これはもう絶対後半の方がいいコンビなんですよ。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:なんですけども、ランジャタイが実は、この後半の「跳ねきらない」っていうM-1を作ったのはランジャタイですよね。

岡村隆史:おお。

石田明:ここで、おバカMAXもやって、スピードも結構速いのをやって。で、熱量も出したんですよ。

岡村隆史:うん。

石田明:なので、この後、熱量を出す漫才師も実はそんなパワーがあるように見えなかったし。

岡村隆史:うん。

石田明:おバカをやるのも、あれほどおバカに見えへんかったし。

矢部浩之:ああ。

石田明:スピードもそこまで速く見えなかったっていう。

岡村隆史:ああ。

石田明:ランジャタイが抑止力になったというか、後半の。

岡村隆史:ああ、ここでやってしもた。

石田明:ここで結構大味だったりするんですけど。お笑いの感度ビンビンの人からすると、めちゃくちゃ面白いネタなんですけど。

岡村隆史:うん。

石田明:でも、言うと色んなことがここでやられてるというか。

岡村隆史:やられてしまったんや、逆に2番手で。

石田明:そうなんですよ。

岡村隆史:通常、M-1グランプリって、段々上がってきて、「あ、きたきた。こんな人らきた、優勝してまうかも!」みたいなことの重しになってしまった?

石田明:そうなんです、重しになったんで、なかなか跳ねきらないっていう。

矢部浩之:3番以降が?

石田明:そうなんですよ。

岡村隆史:なんてことを…そんな見方すなよ。

石田明:ふふ(笑)

岡村隆史:全然そんな感じで見てなかった。ああ、そう?

石田明:でも、寄席でよくあるんですよ。寄席で見てると、やはりここの出番でこの人出てもうたから、「ほら…ウケにくいやん」みたいなのって結構あるんですよ。

岡村隆史:ああ。

石田明:そのあるあるの中の。



ナイナイのANN

本日の人気記事