神田伯山、伊集院光も語らない「先代・三遊亭円楽」の二面性を知った人は「ドン引きします」と発言

2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、伊集院光も語らない「先代・三遊亭円楽」の二面性を知った人は「ドン引きします」と発言していた。

神田伯山:三遊亭圓生師匠の一番弟子が、先代の円楽師匠。馬面のね、『笑点』でおなじみのさ。

で、多分、このラジオ聴いてる人は伊集院さんの師匠が今の円楽師匠で、その先代ですから。5代目の円楽師匠って、いいふうに思ってると思うんです、特にTBSラジオリスナーというのは。

で、俺も大好き。伊集院さんも結構マイルドに伝えてるじゃん。それはやっぱさ、落語界に迷惑かけちゃいけないとかってあるじゃん。

円丈師匠は、とにかく一番弟子の先代の円楽師匠に対して、もう罵詈雑言を言ってます。とんでもない奴だ、と。そして『御乱心』を読んだ人は全員先代の円楽師匠にドン引きします。

「なんだこいつ」っていう。まぁ、そういう人なんですよ。でも、僕はそれも好きなんです。これ、大事なことなんですよ。エンターテインメントとして大事なのは、それ面白いんですよ。

でも、先代の円楽師匠がめっちゃくちゃでヒドイ人なんですけど、パブリックイメージは『笑点』のアレで、とっても素敵な落語家さん、みたいになってるその二面性が最高に僕は好きなんです。

でも、こんなその二面性を愛する奴って今、いないんですよ、世の中に。0か100かみたいになるでしょ、「あの人はいい人で、面白くて」みたいなのが好きでしょ。俺は別に悪い人でも面白いから。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事