神田伯山、『ザ・ノンフィクション』での立川談志は「美談みたいに描かれてるけど…あれはあれで面白いけど嘘なんだから」と発言

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、『ザ・ノンフィクション』での立川談志は「美談みたいに描かれてるけど、あれは嘘なんだから」と発言していた。

神田伯山:『師匠、御乱心!』っていう本は、もう物凄い「師弟」が詰まりに詰まってる。

落語界とか色んな本が出てるでしょ?師匠について語ってんのとか。あんなのね、本当にドロドロしてることとか書いてないですから!

僕は生で聞いてますから、色んなこと。「これは本とかに出せないんだけど」って、俺はそういうのが知りたくてこの業界入ってんだから。スパイみたいなところあんだから。

談志師匠だってヒドイよ、もっと。もっとエゲつないんだから、色々。『ザ・ノンフィクション』であんな、美談みたいに描かれてるけど。あれはあれで面白いけど、嘘なんだから。

みんなが食べやすいように料理してるんです。で、そういうんじゃない、生のやつ。「これ、焼けてないんですけど」っていう。「もうちょっとこれ、焼けないと腹壊しちゃいますよっていうのが、『御乱心』なの。

神田伯山、映画『浅草キッド』で描かれている師弟愛に人々が憧れる理由「自分たちが使えない上司、部下しかいないから…」
2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、映画『浅草キッド』で描かれている師弟愛に人々が憧れる理由について語っていた。 神田伯山:...
神田伯山、映画『浅草キッド』は「師弟のドロドロした関係」をあえて描いていないことで「不快感なく見ることができる」と指摘
2021年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、映画『浅草キッド』は「師弟のドロドロした関係」をあえて描いていないことで「不快感なく見ることができる」...
タイトルとURLをコピーしました