劇団ひとり、日本のエンタメの衰退は「トップの人たちが、モノ作れない人たちばっかり」であることが元凶だと指摘「世渡りだけできたような人たち」

2021年12月10日放送のTOKYO FMのラジオ番組『JUMP UP MELODIES』にて、お笑い芸人・劇団ひとりが、日本のエンタメの衰退は「トップの人たちが、モノ作れない人たちばっかり」であることが元凶だと指摘していた。

劇団ひとり:世の中の脚本家とか、監督さんとかって、やっぱり本当にやりたいこと、やらせてもらえてない。

鈴木おさむ:やらせてもらえてないと思う。

劇団ひとり:そう。だって、要はトップの人たちが、モノ作れない人たちばっかりだから。

鈴木おさむ:はっはっはっ(笑)

劇団ひとり:本当、世渡りだけできたようなね。

鈴木おさむ:うん(笑)そりゃそうでしょうね(笑)

劇団ひとり:ちょっとヒット作に絡んでて、実際はモノなんか作ってないくせに、クレジットに名前があったおかげで出世したような人いっぱいだから。

鈴木おさむ:うん。

劇団ひとり:ああいう人たちがいる限りダメですよね。

鈴木おさむ:そうですよね。あと、なんとなくヒットしたものを重ねて作っていきますから。

劇団ひとり:もう絶対、だって『イカゲーム』のリメイクとか考えてるでしょ。

鈴木おさむ:いると思う。

劇団ひとり:うわ、やめて欲しい本当。

鈴木おさむ:はっはっはっ(笑)

劇団ひとり:恥ずかしい。本当、そんなことばっかりやってますからね。



その他

本日の人気記事