星野源、『おげんさんといっしょ』について語るグッチ裕三の「昭和のニオイ」漂う冗談に「やっぱり注釈しなきゃいけないよね、今は」

2021年12月7日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、シンガーソングライターの星野源が、『おげんさんといっしょ』について語るグッチ裕三の「昭和のニオイ」漂う冗談に「やっぱり注釈しなきゃいけないよね、今は」などと語っていた。

リスナーメール:源さん、YouTubeチャンネル「グッチ裕三のバイアスかかって ます」で、雄三さんが『おげんさんといっしょ』のお話をされていました。

「スタジオがあの頃の雰囲気だったから、すぐ戻れた」こと、「源さんがとても良い人だった」と、嬉しそうでした。源さんにプレゼントしたDVDと、ハッチポッチのパペットの下に、100万円と、300万円が入っていたそうですけど、ちゃんと下心、受け取られましたか?

おげんさんがきっかけで、ハッチポッチステーションが復活することを期待しています。サブスク堂も一緒にね。

星野源:ということで、ありがとうございます。僕、これ拝見させていただきました。

僕、前話しましたけど、『江戸川サリバンショー』っていう、グッチさんがね、凄い面白い番組を作られてたんですけど、そのDVDとハッチポッチステーションの、当時のパペットの人形、「家に置いてあったから」って、わざわざプレゼントしてくださって。あと、フライパンダね、プレゼントしてくださいました、ありがとうございます。

で、そのYouTubeチャンネルの中で、「もちろん、下心も忍ばせておきましたよ、100万円ね」って言ってて(笑)なんかさ、こういう冗談ってさ、昔は死ぬほどあったじゃん、テレビでもさ。当たり前にそんなのないんだけど、でも今はさ、やっぱり「そんなことありません」って、ちゃんとテロップで書いてあって(笑)

「そうだよね、それはやっぱり注釈しなきゃいけないよね、今は」と思ってさ(笑)その話を聞いてる作家さんが、グッチさんが「100万円ね」ってグッチさんが言った時、「100万ペソですね」って言ってて(笑)

俺が中学の頃に聞いてた、ラジオ的なノリっていうか、テレビのノリっていうか(笑)やっぱり「そんなわけないじゃないですか、グッチさん」って言うんじゃなくて、「100万ペソですね」ってすぐ乗せていく感じ。そういうのを見るとね、いいなって感じがしましたね。100万ペリカを私もいただきましてね(笑)



星野源のANN

本日の人気記事