佐久間宣行P、『ガキの使い』笑ってはいけない年末特番がなくなった影響で「今年はまだ編集所にちょっと空きがある」と明かす

2021年12月1日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビプロデューサーの佐久間宣行が、『ガキの使いやあらへんで』笑ってはいけない年末特番がなくなった影響で「今年はまだ編集所にちょっと空きがある」と明かしていた。

佐久間宣行:今年はまだね、編集所にちょっと空きがあんのよ。そんな、まぁ大々的に言っていいか分かんないけど、今年は『ガキの使い』がないから(笑)

『ガキの使い』があると、『ガキの使い』にあれはCCD何台もあって、6時間とか7時間じゃん。だから、結構編集のハコを押さえるんだよね。

で、クリスマス前後かな。多分、ダウンタウンさんに見せるのは、12月の1週目か2週目かもしれないけど、ダウンタウンに見せた後、仕上げていく時、編集所に『ガキの使い』のADっていうウォーキング・デッドが(笑)

ガキの使いウォーカーが歩くわけ(笑)年末年始特番は大体、ウォーカー歩くんだけど(笑)その中でもガキの使いウォーカーが歩く(笑)顔見りゃ分かるよ、やっぱ(笑)はっはっはっ(笑)

まぁ、でも、今は多分、随分システマティックになってるからそんなほどじゃないけどね。昔ほどはなかったけど。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事