ケンドーコバヤシ、元カノ・元カレに対する男女の考え方の違いに驚き「脳みその違いですよ、男女の」

2021年11月27日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、元カノ・元カレに対する男女の考え方の違いに驚いたと語っていた。

ケンドーコバヤシ:どうですか?まなちゃん。

紗倉まな:失恋の立ち直り方…あ、でも、恨む方がいいかもですね。

ケンドーコバヤシ:ああ。女性式ね。

紗倉まな:女性式ですね。

ケンドーコバヤシ:うん。

紗倉まな:やっぱ、美化することによって、良い記憶だったって思うから。

たかのり:そうですね。

ケンドーコバヤシ:なかなか男の人はそれできないっていうね。

紗倉まな:そうですね。

たかのり:その方が簡単ですね。

紗倉まな:そうです。「アソコ臭かったなぁ」とか。

たかのり:はい(笑)

紗倉まな:ちょっとでも、そういうことを考えていくと、段々、イヤになってくじゃないですか。

ケンドーコバヤシ:うん。

紗倉まな:より悪く。「なんで好きだったんだろう」ってぐらいまで。

ケンドーコバヤシ:なるほどね。でも、前の彼女のこととか、どっかで「幸せに暮らしてたらいいな」って思ってて。

紗倉まな:ああ。

ケンドーコバヤシ:これをやすよ・ともこに言ったら、「アホちゃうか」言われたけどな。

紗倉まな:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:「お前らどうやねん」って言われたら、「前の男なんかどうでもええし、どっちかって言うたら、不幸になっとけって思う」って。

紗倉まな:ああ。

ケンドーコバヤシ:そういうことらしい。脳みその違いですよ、男女の。

紗倉まな:それはたしかになぁ。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事