オードリー若林、堺雅人との映画共演時にもらった本のレベルで「相当演技できないぞ」と思われたのではと語る「第一章に…」

2021年11月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、堺雅人との映画共演時にもらった本のレベルで「相当演技できないぞ」と思われたのではと語っていた。

若林正恭:俺さ、『ひまわりと子犬の7日間』ってやったじゃん。

春日俊彰:ああ、はいはい。

若林正恭:あれ、始まって一回、宮崎で撮って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、二回目の収録日に、宮崎で撮ってて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:飛行機で何往復もしてたの、東京と。

春日俊彰:ああ、凄いなぁ、それも。

若林正恭:堺雅人さんとかは泊まってたの。

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:で、二回目ぐらいか三回目ぐらいに、堺雅人さんがアメリカの俳優が書いた、「役者とは」みたいな。「俳優というお仕事」みたいな本を、俺にプレゼントしてくれたの。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:そしたら、第一章が「現場に遅刻しないこと」みたいなことが書いてある本で。

春日俊彰:ほう、ほう。

若林正恭:だから、1~2回やって「相当できないぞ」ってあの時の堺雅人さんは思ったんじゃないかなって。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:初めてだったし、映画。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:俺、その本読まなかったんだよね(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)読みなさいよ(笑)

若林正恭:それはマジで忙しかったから。

春日俊彰:ああ、はいはい。

若林正恭:ネタも書く、アンケートも書くっていう日々だったの、あの時は。

春日俊彰:うん、本なり、テレビなり。

若林正恭:飛行機の中でもずっと何か書いてた、アンケートとか。

春日俊彰:とにかく時間がないってことね。

若林正恭:うん。「こやつはなんぞ?」って思われてのプレゼントだったんだなって、今思うと、ちょっと思うんだよね。

春日俊彰:まぁそうかもねぇ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:教科書をくれた、みたいなことなのかもしれないね。

若林正恭:うん、そうだよね。



オードリーのANN

本日の人気記事