山里亮太、芸人として売れるため大御所作家のフラッグフットボールに所属していたことを赤江珠緒に「暗黒時代」と言われる

2021年11月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、芸人として売れるため大御所作家のフラッグフットボールに所属していたことを赤江珠緒に「暗黒時代」と言われていた。

赤江珠緒:山ちゃんのフラッグフットボールのね、暗黒時代の話を(笑)

山里亮太:暗黒って言わないで(笑)

赤江珠緒:暗黒じゃないの?(笑)

山里亮太:はい。芸人さんとして駆け出しの頃で、本当にもう、関西でも超有名な作家さんがチーム持ってて。

赤江珠緒:アメリカンフットボールの子供とかでも楽しめるように。

山里亮太:そう、そう。コンタクトがないっていう。ぶつからないやつ。

赤江珠緒:ああ、タックルとかしない。

山里亮太:そう。それでそのチーム作ってて。そこに入れてもらって。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:そこにいるもう一人の作家さんが、僕ら南海キャンディーズを初期、ずっと作ってくれた。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:めちゃくちゃ大切な人がいて、そのお師匠さんが作ったの。

赤江珠緒:あ、なるほど。それはもう参加しよう、そしてできれば色々と…

山里亮太:赤江さん気をつけて。

赤江珠緒:ふふ(笑)何か仕事の手がかりにもっていうことも?思いもあって?

山里亮太:そういう気持ちも、心の100%の中、何%かって言うと、90%くらいはあったよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)大分だね(笑)ほぼだね(笑)

山里亮太:でも、凄い本格的でさ、週何日か、朝、近くの公園で。

赤江珠緒:朝練すんの?(笑)

山里亮太:基本、朝練よ。みんな忙しいから、他の人たち。僕は前のコンビの時だったから、何の仕事もないから。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、それ出ると、ネタ見てもらえるっていう特典があったから。

赤江珠緒:ああ、そういうことか(笑)まずフラッグフットボールして(笑)

山里亮太:そうよ。朝6時に大正駅っていう。

赤江珠緒:ありますね、大阪にね。

山里亮太:あそこ行って、フラッグフットボールやって。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:またみんな、モチベーションが凄いから、強いのよチーム。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、最終的にそのチーム、世界大会行ってるからね。

赤江珠緒:え?!そんな本格的にやってる人たちのところに?

山里亮太:本格的にやってる人たちのところじゃないのよ。同じスタートなのよ。

赤江珠緒:あ、一緒のスタートで?

山里亮太:立ち上げメンバーで入って、やっぱり熱意・熱量って凄いなって思うのは、その作家さんの家にジムみたいなのも作ってさ。やってたよ、みんな。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事