高田文夫、手書き原稿を送るFAXを新調することができず拗ねてしまったと告白「じゃあもう俺、引退しよう。やめた」

2021年11月22日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、手書き原稿を送るFAXを新調することができず拗ねてしまったと告白していた。

高田文夫:もうさ、誰も相手してくれなくって。

松本明子:はい。

高田文夫:FAXがない、つながらないって。

松本明子:はい。

高田文夫:「じゃあもう俺、引退しよう。やめた」なんつったら、カミさん焦っちゃって。

松本明子:はい。

高田文夫:「もうちょっと働いてもらわないとな」って(笑)

松本明子:先生、原稿とか送らきゃいけないから。

高田文夫:原稿で、書くたびに全部入れてくから。

松本明子:はい。

高田文夫:今どき、使ってる人いないんだってな、FAX。

松本明子:先生にとってはなくてはならない。

高田文夫:ペンと一緒だからな。

松本明子:先生、全部手書きですから、原稿が。

高田文夫:手書きでもうな。林真理子と一緒だから(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:イヤがられてんだから、編集部から(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:みんな手書きでイヤがられてる。

松本明子:手に入らないんですね、FAX。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事