『全裸監督』武正晴監督、AV撮影シーンで満島真之介や柄本時生らに撮影する上で実際に録音や照明を依頼したと明かす

2019年9月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、Netflix配信中のドラマ『全裸監督』の武正晴監督がゲスト出演し、『全裸監督』のAV撮影シーンで、満島真之介や柄本時生らに撮影する上で、実際に録音や照明を依頼したと明かしていた。

松本明子:共演者も見守ってるわけですもんね、周りで。

武正晴:そうです。だから、森田さん…黒木さんがあそこに来てから、やるまで、全部終わるまでをずーっと順番に撮っていって。

高田文夫:手伝ってるもんね、スタッフがいるわけだもんね。役者としてのスタッフね。

武正晴:そうです。だから、本当にあの人たちもライティングしたりとか。

高田文夫:手伝ってるんだ?(笑)

武正晴:そうです。トシっていう、満島真之介君がやってる役なんていうのは、録音の役をやってるんだけど。

松本明子:ええ、ええ。

武正晴:あれは本当に録ってますからね、あの音で。

高田文夫:あれで?

武正晴:「これで録ってるから、頼むよ」って。

高田文夫:実際の音なんだ。

武正晴:実際の音なんです(笑)だから、「もっと近づけて」とかね(笑)

高田文夫:臨場感あるね、やっぱり(笑)

武正晴:本人も責任感あるから。

高田文夫:外せないよね。

松本明子:気を抜けないですね。

武正晴:そう。で、(柄本)時生君も「お前がライトつけないかぎり映らないからな。ちゃんとつけろよ」って言ったら、「え?!」とか言いながらやってましたから。

高田文夫:あ、そうなんだ。それは迫力も伝わってきたな。

武正晴:本当にやらせていくっていうのがね、緊張感が生まれてくっていう。

松本明子:面白いですねぇ。

高田文夫:いやぁ、凄いの撮ったね。

武正晴:いや、もうどうやることやらで。怪我人が出なきゃいいなって思ってましたけどね。

高田文夫:出なかったですか?

武正晴:大丈夫でした。腰とかね、やらなきゃいいなって思ってましたけども。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事