麒麟・川島明、アイドル的な人気がなくなった今はメインとなるタレントの横にいる「大根おろしのような添え物」サブMCを担っていると思っていると告白

2021年11月21日放送のTBSラジオ系の番組『ブレインスリープpresents川島明のねごと』(毎週日 19:00-20:00)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、アイドル的な人気がなくなった今はメインとなるタレントの横にいる「大根おろしのような添え物」サブMCを担っていると思っていると告白していた。

陣内智則:昔のルミネやったら、「麒麟」って出たら、「キャー!」っていうのも見てるし。

川島明:昔ね。

陣内智則:当時やったら、「陣内智則」って出たら、「ワーッ!」っていう、「待ってました!」っていう。

川島明:はい。

陣内智則:でも、麒麟は分からんけど、今となったら、「陣内智則」って出ても、拍手はあるけど、一時の「待ってました!」を知ってるから。

川島明:そうですね。

陣内智則:今はもう、かまいたちや霜降りや、EXITやを待ってる。

川島明:はい。

陣内智則:その時に、「あれ?もう俺じゃないよね…」って。この時って、経験するやん、絶対誰しもが。

川島明:全員です。

陣内智則:多分、経験してないのダウンタウンとか、明石家さんまぐらいじゃない?

川島明:ナイナイさんとか。

陣内智則:とんねるずさん。

川島明:スーパースターね。

陣内智則:やっぱり俺らは、その次の世代を見たいっていう人を経験して。「あれ?ちょっと違うのかなぁ。待ってないよなぁ」って思われた時に「どうする?」っていう。

川島明:うん。

陣内智則:「どうやって気持ち整えてる?」っていう。

川島明:俺はもう舞台前に落ち込んでもしょうがないから。

陣内智則:うん、うん。

川島明:「俺はもう、白ごはんになれたんだ」って思ってます。

陣内智則:なるほど。

川島明:もう、いわゆるハンバーグの時期もありましたよ。

陣内智則:みんな大好きな。

川島明:タピオカみたいな、キャーキャー言われた時期もありましたよ。

陣内智則:旬の時もあったけど。

川島明:はい。白ごはん食卓に出てきても、「キャー!」とは言われへんけど、あるもんじゃないですか、自然に。

陣内智則:はっはっはっ(笑)最近、白ごはん食べへんで、白ごはん(笑)

川島明:そこは頼みますわ(笑)

陣内智則:炭水化物とりたくないって(笑)

川島明:もっと言うと、田村がバーン売れて、僕一人でなんとか頑張らなアカンっていう時のお仕事って、やっぱり手カンペ持って、タキシード着て。

陣内智則:うん、やってたな。

川島明:俳優さんとかに、「さぁ、続いてはこちらです」とか。ジャニーズの子、色んな売れてる人の横いいたから。

陣内智則:うん。

川島明:もう自分の中で、「ああなるほど、自分がもうメインディッシュになることはない」と。

陣内智則:なるほど。

川島明:って思ったんですよ。で、気持ちの整理としては、もう大根おろしになってやろうって感じですね。添えられてる。

陣内智則:でも、今はまた違くない?

川島明:大根おろし、大根おろしって頑張ってたら、大根おろしが見直されてきたっていうか。

陣内智則:ああ。

川島明:「胃にいいぞ、消化助けてるぞ」みたいなことで、大根おろしとしての地位が。いい大根おろしになってきたっていう。



川島明のねごと

本日の人気記事