千原ジュニア、ブーイングのままステージを降りてチャンス大城が「やめるなよ!」と声をかけたバンドが後に超有名バンドになったと明かす

2021年11月2日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ブーイングのままステージを降りて、チャンス大城が「やめるなよ!」と声をかけたバンドが後に超有名バンドになったと明かしていた。

千原ジュニア:この間、チャンス大城が言うててんけど。アイツ、30年ぐらい前に…アイツ、音楽、ロック好きやから。

ケンドーコバヤシ:はい、はい。

千原ジュニア:それもハードコアとかそっちが好きやから。大阪の小さいライブハウスに、対バンで5バンドぐらい出るライブがあったんやて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、4番目、5番目に出るこの2バンドがお目当てで、行ったんやて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんなら、もうめちゃくちゃイカツイバンドやねんけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、1バンド目、2バンド目もハードコアなバンド。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、3バンド目が、ちょっともうメロディアス過ぎて。ちゃんとし過ぎてて。

ケンドーコバヤシ:なるほど。

千原ジュニア全然、盛り上がらへんかってんって

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:「どこに出てきてんねん」みたいな。

ケンドーコバヤシ:うん、場違いね。

ケンドーコバヤシ:「場違いも甚だしいわ」って。

千原ジュニア:客ももう、全然乗らへんし。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:なんなら、ブーイング出るぐらいの。

ケンドーコバヤシ:辛い。

千原ジュニア:でも、チャンスは「ええなぁ、これはこれで」って思って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、4バンド目、5バンド目に自分のお目当てがきて、「うわぁ!」って盛り上がって。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:「いいライブやったなぁ」って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、おっかけじゃないけど、裏口回ったら、4バンド目、5バンド目がワーッて人だかりできてて。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんで、「これは遠いな、しゃあないな。もう行こう」って思ったら、ちょっと離れたところに、3バンド目の、全くお客さん揺さぶらせられなかった、メロディアスなバンドマンが、荷物をハイエースに積んでんねんって。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ほんなら、なんか知らんけど、チャンス大城…「誰が言うてんねん」やけど。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:「よかったよ」って。

ケンドーコバヤシ:誰が言うてんねん。

千原ジュニア:ふふ(笑)「絶対やめんなよ!」って。

ケンドーコバヤシ:だから、誰が言うてんねん(笑)

千原ジュニア:「そのままいけよ!」って。

ケンドーコバヤシ:誰が言うてんねん、だから。

千原ジュニア:「絶対売れるから!」って。

ケンドーコバヤシ:それが一番誰が言うてんねん(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)若き頃の。チャンスが「いや、よかったよ。絶対売れるから、絶対やめんなよ」って。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:もう、まさに今日、解散しようってしてるように、チャンスからは見えてんって。

ケンドーコバヤシ:ほう、心折れた感じ。

千原ジュニア:うん。「絶対やめんなよ。俺はいいと思ったから。やり続けろよ」って言うたんが、L’Arc-en-Cielやってんって

ケンドーコバヤシ:すげぇやん。凄すぎるやん。

千原ジュニア:ふふ(笑)誰が言うてんねん!

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)そう、そう。ラルクさんってね、大阪のかなり地下のライブから、叩き上げって聞いたことあります。

千原ジュニア:そうなんや。

ケンドーコバヤシ:めちゃくちゃ苦労してるって、実は。

千原ジュニア:へぇ、そうなんや。

ケンドーコバヤシ:その苦労が見えない凄さがありますもんね。

千原ジュニア:そうやな。



にけつッ!!

本日の人気記事