オードリー若林、若手の時に「絶対に忘れないぞ、今の一言」という酷い暴言を吐いてきたのは「大体、慶應出身の人だった」と告白

2021年10月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、若手の時に「絶対に忘れないぞ、今の一言」という酷い暴言を吐いてきたのは「大体、慶應出身の人だった」と告白していた。

コットン・西村真二:マイナスから始まってるけども…慶應っていうのも、世間が慶應を悪く使い過ぎてて。

若林正恭:うん、うん。

西村真二:慶應ってちょっと、イメージ悪くないですか?

若林正恭:うん。

西村真二:たとえば、街中のインタビューとかで、女性が「慶應生はヤダ」みたいな。

若林正恭:うん。

西村真二:そういう悪いイメージあるんですけど、あんなの一部だけで。

若林正恭:一部だけなんだ?それはそうだろうね。

西村真二:そうです。本当に素晴らしい大学なんです。

若林正恭:あ、本当に?そうかそうか。

西村真二:はい。

若林正恭:俺もあんまり、こんなこと声高に言うことじゃないんだけど。

西村真二:はい。

若林正恭:若手の時に、「絶対に忘れないぞ、今の一言」っていう、ヒドイことを言われた人、大体、慶應の人だったんだよね。

きょん:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:たまたまでしょ、たまたま(笑)

西村真二:ちょっと待ってください、若林さん(笑)

若林正恭:俺、意識して出身大学でゆくゆく並べてみると多かったっていう(笑)

西村真二:はい。

若林正恭:たまたまだから。だからって他の大学の人がいいとか、そういうことでもないから。

空気階段・水川かたまり、慶応大学に入学するも「何もかもイヤになり」2ヶ月で退学した理由を告白「新歓コンパで…」

能町みね子、慶應大のミスコンは「ずっと不祥事の温床」「運営委員会は最初からきな臭い」と語る「40歳のミスコンプロデューサーも怪しい」



オードリーのANN

本日の人気記事