星野源、オードリー若林が「真夜中のバスケ練習」を否定されることに「意味が分からない」と語っていたことで「胸が熱くなった」理由を告白

2021年9月7日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、シンガーソングライターの星野源が、オードリー・若林正恭が「真夜中のバスケ練習」を否定されることに「意味が分からない」と語っていたことで、「胸が熱くなった」理由を告白していた。

星野源:僕もちょっと、実はぶつけたいっていうか、思ったことがあるんですけど、話してもいいですか?

若林正恭:あ、はい。お願いします。

星野源:前に、佐久間さんのオールナイトニッポン0に若林さん出られた時に話してて。あと、『しくじり先生』でもその話をされてたと思うんですけど。

若林正恭:はい、はい。

星野源:夜中に、バスケットのスリーポイントシュートと練習してることを、他の芸人さんとかに、「何やってんだ?」とか、「気持ち悪い」とかツッコまれる意味が分からない、というお話をされてたじゃないですか。

若林正恭:はい、はい。

星野源:みんな「変だ」とか、「普通じゃない」って言うんだけど、その意味が本当に分からなくて、どう受け身を取ったらいいか分からないっていう話をされてたんですけど。

若林正恭:はい、はい。

星野源: 僕はその話がめちゃくちゃ好きで。

若林正恭:はっはっはっ(笑)はい、はい。

星野源:僕は、物心ついて、自分の普通の思う通りに行動すると、「それ間違ってるよ」って言われたりとか、「それ普通じゃないから、やめといた方がいいよ」って言われたりとか。

若林正恭:うん。

星野源:たとえばそれが、人を傷つける行為とか暴力的な行為ならもちろんやめた方がいいんだけど。

若林正恭:そう、そう。

星野源:そうじゃなくて、なんかみんなそれやってないからとか、社会的にちょっと違うでしょ、みたいなことを言われたりとか、普通そうじゃないからって言われて 、疎外される人生だったんですよ。

若林正恭:なるほど。

星野源:それでバカにされたりとか。で、ずっとバカにされて、いろんなことでバカにされて生きてきた中で、若林さんがそれに対して、「いや、マジで意味が分からない」って言っていることに対して、「凄い分かる」って思うし、人が人に対して、「ひねくれてる」とかって言うの、おかしくねって思ってて。

若林正恭:はい、はい。

星野源:「普通じゃない」とかって言うの、おかしくないって。「俺はまっすぐやってるだけなんだけど」っていう。

若林正恭:そうなんですよ。

星野源:俺にとっての普通で、これが。で、「社会的に普通じゃないかもしれないんだけど、俺にとって普通で。あなたは自分の普通を社会の普通にねじれさせて、それを適用させてるんだから、あなたが普通じゃないんだよ」って言いたいんですけど、それを若林さんはいろんな行動で、示してくれてる感じがあって。

若林正恭:はっはっはっ(笑)はい、はい。

星野源: 結構、その話を佐久間さんされてた時も、結構胸が熱くなったんですよ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

星野源:そういうのをいつも思います。



星野源のANN

本日の人気記事