オードリー若林、『たりないふたり』などで視聴者に共感されたとしても「こっちも異常だと思って、仲間だと思ってんじゃねぇよ」と思っていると告白

2021年9月7日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『たりないふたり』などで視聴者に共感されたとしても「こっちも異常だと思って、仲間だと思ってんじゃねぇよ」と思っていると告白していた。

星野源:結婚の話も、「結婚するのって普通だよって思ってるの、ヤバイよ」って話をしてたじゃないですか。

若林正恭:ああ、はいはい。

星野源:「それが普通って思ってるんじゃないよ」って。

若林正恭:そう、そう。今はもうね。

星野源:そう、そう。それに対して、オモシロとしてのツッコミだと思ってることもちょっとヤバイし。

若林正恭:はい、はい。

星野源:で、それを人に言うっていうのが…「なんだ、普通の人だったんですね」って。

若林正恭:うん。

星野源:「いや、今まで異常だと思って活動してねぇから」っていう。

若林正恭:そうなんですよ(笑)異常だと思って、仲間だと思ってんじゃねぇよって思って。

星野源:そう、そう!すげぇ分かる(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

星野源:異常だと見せたくて、異常になってる人と、一緒にして欲しくないんですよ。

若林正恭:そうなんですよね。だから結構、『たりないふたり』って山ちゃんと一緒にやってたのも、あれは安島さんってプロデューサーがつけたタイトルで。

星野源:うん。

若林正恭:俺は、「足りない側で集まって結束しようよ」なんて一切思ってないし。

星野源:はっはっはっ(笑)

若林正恭:むしろ俺は、足りないと思ってない。

星野源:はっはっはっ(笑)

若林正恭:俺が一番足りてるって思ってる、映画『タクシードライバー』みたいな男が(笑)

星野源:はっはっはっ(笑)

若林正恭:「あ、これ変なんだ」って思うことの連続ですね。

星野源:いやぁ、それはとっても分かるんですよね。



星野源のANN

本日の人気記事