伊集院光、『ザ・マスクド・シンガー』を「あんなにカネがかかってて、斜めにスベってる番組ない」「意味が分からない」と酷評

2021年9月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、Amazonプライムで配信中の番組『ザ・マスクド・シンガー』を「あんなにカネがかかってて、斜めにスベってる番組ない」「意味が分からない」と酷評していた。

伊集院光:今週はですね、ぜひ皆さんにチェックしていただきたい番組がありまして。『ザ・マスクド・シンガー』っていう。やたら今、CMやってる、アマゾンプライムの『ザ・マスクド・シンガー』っていう番組があるんですけど。

これが、あれだけテレビCMを打ってて、すげぇ企画がアマゾンプライムにやってきたっていう感じで、めちゃめちゃ推してるんですけども。これがね、ぜひ見てください、香ばしいことになってます、猛烈に(笑)

なんかさ、それこそさっき言ってた、バブルの頃に足立さんに「こんなんどうですか?CM出しませんかね」「やっちゃおうか」みたいな、そういう感じ。なんつったらいいのかな、あんなにカネがかかってて、斜めにスベってる番組ないよね。

凄いんだよ。『ザ・マスクド・シンガー』は、全部で12人の実力派シンガーがいて、その全員が、よく分かんない着ぐるみ着てんだよ。すげぇカネのかかった、よく分かんねぇ着ぐるみを着て、それで凄いカネのかかったライブ会場で歌うんだよ。

で、誰だか正体は分かりませんってことになってて。正体は分かんないけど、優劣をつけて、一番負けた人から脱落していく。で、脱落する時に、顔を見せるっていうまずルールなんですけど。

まぁ分かんないですよね、意味が(笑)何のために出るのかの意味があんまり意味が分からない。だって、脱落したら顔を見せるっていう、意味がまずよく分かんないじゃないですか。

セットから何から、着ぐるみのレベルとかも異常なレベルなんですよ。「こんなカネかかってる」って。企画書自体は、「これ、通らねぇだろうな」っていう。でも、韓国でヒットしちゃってんだよね。その権利を買ってきて、日本でやってるから。そういう後押しがあると通っちゃうし、今どき、配信の目玉にしようと思うとカネかかっちゃうっていうことで。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事