高田文夫、ザブングルがナベプロ唯一の闇営業謹慎芸人であるも元吉本芸人の過去に「じゃあ一味っちゃあ、一味なんじゃない」

2019年9月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、ザブングルがナベプロ唯一の闇営業謹慎芸人であるも、元吉本芸人の過去に「じゃあ一味っちゃあ、一味なんじゃない」と発言していた。

高田文夫:固いんだよ(笑)リラックス、リラックス。

松尾陽介:カチカチでやってるんで(笑)

高田文夫:出た、相方から出た、カチカチ(笑)

加藤歩:緊張してます、すみません(笑)

高田文夫:相方からカチカチ出ちゃったよ(笑)さぁ、紹介して。

松本明子:カッチカチで~す!本日のゲスト、お笑いコンビ、ザブングルのお二人です!

松尾陽介:よろしくお願いします。

加藤歩:お願いします。

松本明子:お願いいたします。ツッコミは松尾陽介さん、名古屋ご出身です、42歳、ボケは加藤歩さん、三重県出身の44歳でございます。

高田文夫:顔に特徴がある方ね。

松本明子:はい。二人は名古屋吉本で出会い、1999年にコンビ結成。

高田文夫:そうなんだ。じゃあ一味っちゃあ、一味なんじゃない、やっぱり。

松尾陽介:いやいや、「一味」という言い方は、あまり良い言い方ではない。

高田文夫:お前らだけ違うところだったもんな、所属事務所な。

松尾陽介:きっかけは名古屋で、東京出てきてからは、ワタナベエンターテインメントで。

高田文夫:ワタナベで。そういうことだな。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事