高田文夫、小島一慶の訃報で「実を言うと、この人に憧れて放送界入ったようなもんでさ」と告白

2020年4月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、小島一慶の訃報で「実を言うと、この人に憧れて放送界入ったようなもんでさ」と告白していた。

高田文夫:コロナで色んな人が亡くなって色んなニュースがあるけどさ。

松本明子:はい。

高田文夫:小島一慶さん、実は肺癌で亡くなったんだよ。

松本明子:そうです、ビックリしました。

高田文夫:この人らしいなっていうのは、みんなコロナで死んでるのに、肺癌で死んでるからね。

松本明子:ああ…

高田文夫:この人、俺より4つ上なのかな。

松本明子:先輩ですか。

高田文夫:日藝の先輩なのよ。で、実を言うと…言わないけど、この人に憧れて放送界入ったようなもんでさ。

松本明子:へぇ。

高田文夫:この人、喋りが軽くて面白いのよ。

松本明子:DJ、凄いですね、『パックインミュージック』とか。

高田文夫:日藝の放送学科ってところ出てさ。

松本明子:はい。

高田文夫:俺もそうなんだよ。俺なんか卒業してるから、学士様だからね。

松本明子:ふふ(笑)学士様(笑)

高田文夫:で、小島一慶さん尊敬してね。吉田照美さんとか、あの辺の世代はみんなそうだと思うよ、『パックインミュージック』でね。

松本明子:面白くて、軽くて早くて。

高田文夫:うん、面白かった。本当にね、憧れてたね。

松本明子:DJですよね。

高田文夫:ちょっとスキャンダルでパッと仕事なくなってから、そのままなかなかね、仕事に恵まれなくてな、気の毒なこと。

松本明子:はい。

高田文夫:最後は俳句作ってたらしいけどな。いやぁ、一慶さんはショックだなぁ、やっぱり。

松本明子:若々しくて。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事