陣内智則、麒麟・川島はMC・ひな壇・大喜利など何でもこなせるオールラウンダーだが唯一「社交性がない」という欠点があったと明かす「それを最近手に入れて、怖いもんなしに」

2021年7月28日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑い芸人・陣内智則が、麒麟・川島明はMC・ひな壇・大喜利など何でもこなせるオールラウンダーだが唯一「社交性がない」という欠点があったと明かしていた。

若林正恭:MCも、ひな壇もロケも、コメンテーターもネタも、全部できるお二人ですよね。なにかできないなってコンプレックスあります?

陣内智則:本当、最近思ったのが、まず絵心ない。

若林正恭:ああ。

陣内智則:で、踊れない。演技できない。ほんで、大喜利できない。俺、何できんねんって。

若林正恭:でも、それをできないっていうのを喜んでもらえる人じゃないですか、陣内さんって。

陣内智則:ああ、それは嬉しいかもしれないな。

若林正恭:そこも隠さずね。

陣内智則:だから、川島ってなんでもできるイメージやったから。

若林正恭:そうですよね。

陣内智則:唯一なかったのが社交性やってん。

若林正恭:社交性(笑)

川島明:ホンマに。でも、そうやったんですよ。

陣内智則:ゼロやってん。社交性、明るさゼロやってん。それを最近手に入れて、怖いもんなしになって。

若林正恭:完璧な(笑)

川島明:大阪時代は、ホンマに社交性を全部ウチの相方がやって、外交官をやってくれたから、もう僕は相方の陰に隠れてボソボソボケるみたいな。



あちこちオードリー

本日の人気記事