麒麟・川島、『ラヴィット』で後輩芸人たちがのびのびやり過ぎていて自分の貫禄のなさが悩み「あの番組のMCが加藤浩次さんやったら、こんなことになってんのかな?」

2021年7月28日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、『ラヴィット』で後輩芸人たちがのびのびやり過ぎていて、自分の貫禄のなさが悩みであると語っていた。

川島明:朝の番組もやらせてもらって、凄い楽しい空気でやってるけど。

若林正恭:はい。

川島明:「俺やから、こんなにボケてんのかな?」とか。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

川島明:凄い思うんですよ。

春日俊彰:いいことじゃないですか。

若林正恭:はっはっはっ(笑)凄いいいことですよね。

陣内智則:俺も見てるけど、でも8個ぐらい多いで、ボケ。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

川島明:8多いですよね?なんかね、他の番組ではね、見取り図とかニューヨークもそうやけど、結構ビシッと頑張ってるんですよ。

若林正恭:ええ、ええ。

川島明:でも、『ラヴィット』来たら凄いリラックスして「はい!はいはい!」みたいなんで、凄いボケるんですよ。これは僕やからなのかなっていう。

陣内智則:でも、いいことなんじゃないの?それを川島が全部拾ってくれるとか。

若林正恭:春日さん、よく『ラヴィット』出てるじゃない。それは川島さんの安心感?

春日俊彰:川島さんじゃなかったら、あんまりいけない、みたいな。

若林正恭:拾ってくれるからでしょ?

春日俊彰:拾ってくれるし、振りも優しいというか。ちょうどいい球投げてくれますし、ピッチャーとキャッチャーの二刀流みたいな。

川島明:ちょうどいい球、たまにバントする時ありますけどね。

若林正恭:はっはっはっ(笑)みんながリラックスしてのびのびやってるんですよね。

川島明:それを理想としてやってきたんだけど、なんかやっぱり「貫禄ってどうやったらつけられんのかな?」っていうところもあるんですよ。

若林正恭:ああ。

陣内智則:そろそろつけたい世代よね。

川島明:そろそろ、「川島の番組呼ばれたからピシッといきたい」っていう。ホンマに、俺のやってる番組のMCが加藤さんやったら、こんなことになってんのかなって。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

川島明:「大喜利合戦になってんのかな?」って。



あちこちオードリー

本日の人気記事