パンサー向井、カンペを読んで番組やロケを進行していると尾形が「カンペを読む役回りを奪ってくる」と暴露「僕ばっかり喋ってる感じになるから」

2021年6月21日放送のテレビ朝日系の番組『さまぁ~ず論』(毎週月 25:56-27:16)にて、お笑いトリオ・パンサーの向井慧が、カンペを読んで番組やロケを進行していると尾形が「カンペを読む役回りを奪ってくる」と暴露していた。

盛山晋太郎:向井さん、進行されること多いじゃないですか。

向井慧:うん。

盛山晋太郎:カンペはどうされてるんですか?

向井慧:ガチ読み!

盛山晋太郎:はっはっはっ(笑)進行ですもんね。

向井慧:うん。

大竹一樹:そっちはやっぱ採用されるもんね。

向井慧:そうですね。だから僕らは三人組で、僕が進行で。

盛山晋太郎:はい。

向井慧:ちゃんとした情報がメインなんで。

大竹一樹:そうね。

三村マサカズ:お店の名前とかね。

大竹一樹:枝葉いらないんだよね。

向井慧:僕ばっかり喋ってる感じになるから、尾形さんとかがやっぱり奪ってくるんですよ、カンペの文字を。

盛山晋太郎:はっはっはっ(笑)

大竹一樹:使われるから(笑)

盛山晋太郎:マナー違反やってるんですね(笑)

向井慧:やるのよ(笑)

三村マサカズ:「ここは細麺が売りなんだよね」とか。

向井慧:そういう勝負になってきちゃって(笑)

盛山晋太郎:カンペの取り合い(笑)



さまぁ~ず論

本日の人気記事