カンニング竹山、公園でのロケで許可をとっていたのにキャッチボールをしていたら「すぐクレームが入った」と明かす

2021年6月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、公園でのロケで許可をとっていたのにキャッチボールをしていたら「すぐクレームが入った」と明かしていた。

カンニング竹山:この間、ロケ行ったのよ、地方にね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:団地群のところにロケ行って。で、下の公園、誰もいないの。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:誰もいないのよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:で、キャッチボールしてたの、ロケで。

赤江珠緒:はい、はい。

カンニング竹山:すぐクレーム。

赤江珠緒:え?ダメって?

カンニング竹山:「何やってんだ」って。

赤江珠緒:え?!

カンニング竹山:で、「いや、これ撮影で、許可とって…」「なんでボール遊びしてんだ」って。

赤江珠緒:ああ…

カンニング竹山:まぁ、でも良い方たちなんだけど。それはやっぱり、小さい子たちもいて危ないからってことでルールを作ってんだけど。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:それでやっぱり、子供のいるスタッフに聞いてると、公園ってもうキャッチボールダメ、サッカーダメ。

赤江珠緒:そう、ボール遊びダメってところ、凄い増えてますね。

カンニング竹山:何もできないから。結局、子供がさ、遊べないじゃん。俺らのときなんか、ちょっと公園あればそこで、ゴムボール使って、庭球野球よ。

赤江珠緒:やってましたね。

カンニング竹山:それで野球大会、もしくはサッカー大会。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:もうガラスも割ったよ。打っちゃって、隣の家入っちゃって、「誰謝りに行くんだよ」ってくだりもあったよ。

赤江珠緒:多少、子供と子供が「当たりそう」みたいになったりしてね。

カンニング竹山:それもあったりとかさ。それ考えると、特に東京なんか遊ぶところないじゃない。

赤江珠緒:そうなんですよ。

カンニング竹山:可哀想だよね。それはゲームするよね、みんなね。



たまむすび

本日の人気記事