さまぁ~ず大竹、おいでやすこがはM-1グランプリ2020直後に売れるとは思ったが「すぐ息切れするのでは」と懸念していたと明かす

2021年6月7日放送のテレビ朝日系の番組『さまぁ~ず論』(毎週月 25:56-27:16)にて、お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹が、おいでやすこがはM-1グランプリ2020直後に売れるとは思ったが「すぐ息切れするのでは」と懸念していたと明かしていた。

三村マサカズ:おいでやすこがとかは、いっぱいいっぱいでしょ、今。

向井慧:いや、そんなことない(笑)

盛山晋太郎:(M-1)優勝したと思ったんでしょ?(笑)

向井慧:それはそれで失礼でしょ(笑)

盛山晋太郎:いや、めちゃめちゃ売れてますよ、今。

大竹一樹:すぐ出るとは思ったよ。

盛山晋太郎:はい。

大竹一樹:すぐ出ると思ったけど、「はぁ、はぁ、はぁ…」って。

向井慧:息切れしてない(笑)

盛山晋太郎:スタミナが(笑)

三村マサカズ:すげぇスタミナ切れて(笑)

盛山晋太郎:はっはっはっ(笑)

向井慧:肩で息してないですよ、まだ(笑)全然大丈夫です(笑)

大竹一樹:このままずーっといく可能性あるけどね(笑)「そういう走り方なんだ」みたいな(笑)



さまぁ~ず論

本日の人気記事