東野幸治、嫁いだ娘のベッドを勝手に捨てて激怒されたと告白「バカじゃないの!なんで捨てるのよ、ベッドを」

2021年6月4日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、嫁いだ娘のベッドを勝手に捨てて激怒されたと告白していた。

東野幸治:俺、意外となんでも捨てますから。この間もね、俺、子供が二人とももう今、海外に住んでて。で、子供部屋…二人いてて、上の子供はとうに行ったから、2LDKなんですよ。

で、そこの一個の子供部屋みたいなんがあって、ベッド・クッションみたいなんを2つ立て掛けてて、最悪、二人帰ってきてもそこ、横並びでベッド・クッションを並べれば、泊まれるじゃないですか。

で、コロナ禍になったり。上の子供は結婚して子供できたりして。下の子も大学院、今年卒業すんのかな、そんな感じなんですよ。で、ある時、子供部屋にパッて入った時に、そのベッド要らんなぁ思って。勝手に捨てたりましたわ(笑)

で、この間、それ言ったらめちゃくちゃ怒られました、子供に(笑)はっはっはっ(笑)「どうすんの?」って。「どうすんのよ」って言うから、「いや、お前もう帰ってけぇへん、泊まれへんやんけ。ホテル泊まったらエエやんけ」って。

「子供もいてるし、そんなん」って言ったら、「バカじゃないの!」って。「なんで捨てるのよ、ベッドを」って(笑)「ホテル代出してよ!」「いやや」って言うて、めちゃくちゃ(笑)

だから、ダンボールに子供用の荷物あるんですけど、マジックで書いてますもん。「絶対に捨てない」って(笑)「絶対に捨てない」って書いてるけど、「中学の時の教科書とか、捨ててエエやろ?」って。

「やめてよ!」って。「いや、こんなんもう一回も見ぃひんやん。5~10年一回も見ぃひんのに」って思うのに。で、勝手に捨てようかなって思うけど、喧嘩になるから我慢してるけど、ベッドは我慢しきれず。はい、捨てました。

だから僕、断捨離できないもんこの世にないんですよ(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事