博多大吉、『あさイチ』出演でラジオ番組『たまむすび』とテレビ番組との違いを改めて実感「テレビでは、あらゆる場面を想定しなければならない」

2021年6月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、『あさイチ』出演でラジオ番組『たまむすび』とテレビ番組との違いを改めて実感したと語っていた。

博多大吉:やっぱり難しいですね、テレビとラジオって違うんだなぁって思いましたね。

赤江珠緒:え?どういうふうに違います?

博多大吉:大吉ポストのモヤモヤは、いただいたお便り、その人に向けてやってるんですね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕の感覚は。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから色々喋れるんですけど、テレビになると、それは一つの代表意見だから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:代表意見に対して、言わなきゃいけないみたいな。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:なんか出ちゃうんですよ。

赤江珠緒:もうちょっとマスな見方というか。

博多大吉:うん。だから先週で言うとね、社長さんを訪ねてきたお客さんが来て、「お茶いりません」って言われて、出さなかったら後から社長さんに「なんで出さないんだ?」と言われた、と。

赤江珠緒:大吉ポストでありましたね。

博多大吉:うん。モヤモヤしてますよ、と。で、僕と赤江さんで色々答えたじゃないですか、この場合は出した方がよかったんじゃないの、とか。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そんな社長さんなら仕方ないよね、みたいなことを言いましたけど、これがラジオで来ればいいけど、テレビでこの話題を取り上げると、あらゆる場面を想定して。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:なんていうのかな、答えなきゃいけないっていうか。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:「そもそもなんでお茶を出すんだ」みたいな。この人は男性だけど、女性の方が多いよね、とか。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:色んなところに、色んな配慮をしながらやっていかなきゃいけないから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:答えられないんですよね、生放送の何分かでは。

赤江珠緒:ああ、そうか。

博多大吉:だから「激ムズ」と思いながら。だから、僕が一番モヤモヤしたんじゃないかな、『あさイチ』やりながら。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:なんか…ね、できてるのかなぁって思いながら。



たまむすび

本日の人気記事