山里亮太、オードリー若林と「たりないふたり」を12年間組めたのはお互いの相方が我が道を行く「自分が一番」で嫉妬することもないからであると語る

2021年6月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭と「たりないふたり」を12年間組めたのは、お互いの相方が我が道を行く「自分が一番」で、嫉妬することもないからであると語っていた。

山里亮太:『たりないふたり』ってユニットですから。お互い、浮気相手とちちくり合ってましたんで(笑)

赤江珠緒:それも凄いよね。

山里亮太:はい。

赤江珠緒:お互いの相方の方がいらっしゃるわけじゃないですか。

山里亮太:向こうは春日、こっちはしずちゃんいますから。

赤江珠緒:うん。相方の方は、どう思うんです?

山里亮太:これ、確認はしてないんですよ、春日がどうだったかとか、しずちゃんがどうだったかとか。

赤江珠緒:だって、自分が長年やってきて、最大の相方だって思ってやってる人が、違う人と組んでなんか輝いてる、みたいになると、「え?」ってならない?

山里亮太:春日さんに関しては推測ですけど、ウチは確実に分かるんですけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:あの二人って、絶対に見てないのよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)しずちゃんも、春日さんも?(笑)

山里亮太:なぜか分かる?自分が一番好きだから。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:あの方々は、春日先生とおしず様は。自分たちが一番好きで。

赤江珠緒:ああ、なるほど。そういう奇跡的なコンビ、相方だからこそ組めるユニットでもあるのね?

山里亮太:もし嫉妬しぃで「そんなことやってんだったら、ウチのネタ書けよ」っていう相方だったら、こんな12年も許してくれないもん。

赤江珠緒:そうだよね。

山里亮太:うん。昨日のライブとかはイヤだと思う。

赤江珠緒:イヤだと思う、あれは。

山里亮太:俺は逆だったら、超イヤ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:あんな楽しそうに。

赤江珠緒:そうだよね。私もあれは、そうだわ。相方の方だったら。

山里亮太:そう、そう。

赤江珠緒:「え?なんで?」ってなるね。

山里亮太:なる。ただ、ウチは南海キャンディーズ、オードリー幸せなのは、相方それぞれが「自分が一番」だから。

赤江珠緒:凄いね(笑)それも凄い良いことだよね。



たまむすび

本日の人気記事