スピードワゴン小沢、「甘~い」という漫才はアンジャッシュ渡部の勧めでやり始めたと明かす「女の子たちと飲んでる時に…」

2021年5月28日配信開始となった「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」のYouTube動画にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、「甘~い」という漫才はアンジャッシュ渡部の勧めでやり始めたと明かしていた。

坂井良多:渡部さんとの関係性はどんな感じですか?

小沢一敬:もう上京した時から、ライブとか一緒だったしね。

坂井良多:はい、はい。

小沢一敬:俺らのちょっと先輩だから、もうよくしてもらってた。児嶋さんとは凄い遊んでたし。

金ちゃん:麻雀仲間ですもんね。

小沢一敬:渡部さんも…それこそ、「甘~い」ってネタあるじゃん。

坂井良多:はい。

小沢一敬:あれ、渡部さんが言い出したのよ。

坂井良多:え?

小沢一敬:20代の頃、俺と渡部さんとか、芸人とかと女の子たちと飲んでて。

坂井良多:はい。

小沢一敬:俺がまぁ、こんなこと言うじゃん。

坂井良多:はい。

小沢一敬:そしたらそこにいた女の子が、「小沢さん、甘~い」って言ったの。

金ちゃん:はい。

小沢一敬:そしたら、渡部さんが「オザ、これ無限に作れるんだから、これで漫才作ればいいじゃん」って言ってくれて、作ったのが「甘~い」って漫才で。

坂井良多:めっちゃいい話。

小沢一敬:ただ、その時も鼻についてたね。

坂井良多:そうですよね。しかも最後、その女の子たちに多分、1万円渡してたから。

金ちゃん:おい、その頃からやり始めてんのか(笑)

小沢一敬:絶好調じゃねぇか(笑)



鬼越トマホーク喧嘩チャンネル

本日の人気記事