神田伯山、有村昆が不倫未遂騒動で行ったことは歌舞伎者・中村鴈治郎と同様のことでたった19年で世間の反応がまるっきり変わっていることに驚き「何変わったの?」

2021年5月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、有村昆が不倫未遂騒動で行ったことは歌舞伎者・中村鴈治郎と同様のことでたった19年で世間の反応がまるっきり変わっていることに驚いたと語っていた。

神田伯山:考えたらさ、アリコンさんがやったことってさ、歌舞伎役者の当時、鴈治郎…もう亡くなった時、藤十郎って名前変わってましたけど、鴈治郎さんがさ、70代の時さ、40か50若い芸者にさ、ホテルでバスローブでチンチン見せてたよね?

同じじゃね?だからもうアリコンさんって令和の鴈治郎ですよ。まぁ、今、鴈治郎はいるけど。息子さんが…あ、これ息子とムスコがかかっちゃってるからややこしいけど。

いや、でも意味分かんない。だって鴈治郎、全然2002年の段階で叩かれてなかったよね。だって鴈治郎さんが記者会見の時に言ったのが、「いや、おはずかしい」って。もう70で人間国宝だったんだよ。

「おはずかしい」って言ったら、反省すんのかなって思ったら、「なんだか私が元気だってことを証明したみたいじゃないですか」って、そんなこと言ってたよ。

で、「部屋でビデオ見て、焼き鳥食べてただけ」みたいな。で、奥さんの扇千景さんが「それに対してどう思いますか?」って記者に詰められて言ったのが、「いいことじゃないですか」っていう。

「あなたもウチの主人みたいに頑張りなさい」って記者に言ったんでしょ?で、「モテない男を夫にするのはイヤだ」みたいな。それ、2002年ですよ。1890年とかじゃないのよ。2002年、19年前ですよ。何変わったの?



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事