神田伯山、「立川志らくは寄席に出てもいないのに寄席演芸を語るな」と批判したところ志らくからツイッターで反論があったことに反応「主語を立川一門に広げて…汚ぇやり方すんなぁ」

2021年5月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、落語家・立川志らくは「寄席に出てもいないのに寄席演芸を語るな」と批判したところ、志らくからツイッターで反論があったことに反応していた。

神田伯山:別に触れなくてもいいんだけど、あの志らく師匠がツイッターでまた俺の名前を出してきたでしょ?

もうやめてくれよ。先週、ラジオで志らく師匠のことちょっと言ったんだけど、ラジオで言ったことは、ラジオでやりとりするっていう。何なんだよ、このラジオで言ってツイッターで反論してくるの。

爆笑さんがラジオで言ってたら、水道橋博士がツイッターで言った、なんか思ったよりシリアスになっちゃうなっていう。笑いにならないっていう。

面白かった、先週ね、僕が寄席演芸の…あれよかったね、先週の。笑いいっぱいあったわ。上手いと思った、俺。自分で聞きながら。ああ、やっぱり面白おかしく、これ寄席4軒をね。

ツイッターとかでも、色んな落語家さんとかが「ふざけんな、政府」みたいな感じあんじゃん。それは分かる。分かるけど、違うんだよ、その出し方はダメなのよ。俺たちちょっと捻んなきゃ。面白おかしく、世間に発表する時は、みんなが食べやすく。右も左もなく、面白おかしくそこを…上手に先週できてたわ。

っていう、その核の部分じゃないところで、「志らくなんて、別にアイツ立川流だから寄席にも出てねぇし、どこに座ってもいいか分かんねぇような奴が偉そうに言うな」みたいな、ちょっと言うじゃん、そりゃ。

反論ですよ、それに対して。

俺さ、この志らく師匠ずるいのはさ、主語を「立川一門」に広げてきたでしょ?じゃあ、俺そんなの引っ込むよ。立川一門、全員敵に回したくないもん、俺。汚ぇやり方すんなぁって思って。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事