東野幸治、坂上忍に無茶振りされ続け『バイキング』放送直後で疲労困憊な野々村真の様子を危惧「メンタルが非常に危ない状況」「死ぬと思うんですよ」

2021年4月30日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、坂上忍に『バイキング』で無茶振りをされ続け、放送直後で会った疲労困憊な野々村真の様子を危惧していた。

東野幸治:『バイキング』見たらいつも(坂上忍に野々村真が)無茶振りされて、そういう脂汗かいたりしてんのがずっと続いてて、心配やったんです、気持ち、勝手な感じでね。

そんなもう、坂上忍ちゃんも無茶振りせんでも、毎度、毎度ウケへんねんから、やめてあげたらエエのに。でも、追い詰めるんですね。

でも多分、坂上忍ちゃんにとって、一番心が許せる相手やから、ガス抜きになってるからそうしたいと思うねんけど、見ててちょっと辛いなって思ってて、この間、『ドッキリGP』の収録があるからってことで、フジテレビに行ったんです、2時半過ぎぐらい。

で、メイク室に行って、2時45分ぐらいかな。ゲストのアンタッチャブルの柴田もいてて、2人でメイク喋りながらしてたら、ちょうど『バイキング』終わりの野々村真さんが、猫背で「お疲れ様でした…」って入ってきて(笑)

俺、柴っちゃん、野々村さんって座って。俺、別に見たとも言えへんし、「今日もスベってましたね」って言うのも失礼やしね、言うたら。『遺産相続』でも主役やってた人やから、失礼やと思って黙ってメイクしてたら、野々村さんが誰に言うわけでもなく、「懐かしいですねぇ…」って急に喋りだして。

誰に言うてんのやろうって思ったら、「いやぁ、もう二十歳になりましたよ、ウチの娘」って。子役から芸能活動してるんですって、野々村真さんの娘さん。何喋ってんのかなって思ったら、アンタッチャブルの柴っちゃんに喋ってて。

で、ようよう聞いたら15年前に芸能人親子で動物園に行く、みたいなロケがあって、その時にナビゲートしたのが柴っちゃんで。「いやぁ、思い出すんですよね、15年前。雨振ってましたもんねぇ」って(笑)

で、柴っちゃんも「え?そうでしたっけ?雨降ってました?」って。「いやぁ、もう二十歳ですよ」って。「大きくなっちゃって。たまにね、あのロケのこと思い出すんですよね」って。メイク落としながら。

「いやぁ、可愛かったなぁ」って。メイク落として、化粧水塗って。「またお願いします」って去って行ったんですけど、死ぬと思うんですよ(笑)なんとかしないと(笑)不安で不安でしょうがないんです、野々村真さんが今、メンタルが非常に危ない状況でございますから。

もしも、『バイキング』のスタッフ、もしくは坂上忍ちゃん聞いてましたら、無茶振りだけはやめてあげてください。2時間半で2回が限度です(笑)フラフラでした(笑)15年前の小さいロケのことしか思い出せないってもうダメです。末期症状です、お願いします(笑)



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事