ケンドーコバヤシ、オードリー若林の「オープニングトークを用意する」ことへの悩みに共感「俺も月に12本、オープニングトークいんのよ」

2021年4月28日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、オードリー・若林正恭の「オープニングトークを用意する」ことへの悩みに共感していた。

ケンドーコバヤシ:若林のオープニングのトークの気持ち、俺も凄いよく分かる。

若林正恭:あ、本当ですか?

春日俊彰:あら。

ケンドーコバヤシ:俺もラジオ2本やってて。

若林正恭:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:で、俺はジュニアさんとやってる『にけつッ!!』って番組も、なんか知らんけど俺から喋り始めるルールになってんのよ。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:いつの間にか。

ケンドーコバヤシ:だから月に12本、オープニングトークいんのよ、俺。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:そんなにね、始まりのゴングって鳴らないよ、そんなに。

若林正恭:そうですよね。あれって自然にオープニングの口火を切る方って決まりますよね。

ケンドーコバヤシ:だから最初に、誰が…浜村淳が決めたんかね?

若林正恭:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:アイツのせいで(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事