伊集院光、神田伯山にイジられて言い返すと「出てきた若手を潰しにきた」と批判されてしまうと明かす

2021年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、神田伯山にイジられて言い返すと「出てきた若手を潰しにきた」と批判されてしまうと明かしていた。

伊集院光:やろうかどうか、ずっと迷ってた話なんだけどさ。どうもこんばんは、ラジオの帝王でございます。で、「帝王」って言われて得したことが何もない。

俺、帝王じゃなかったじゃん、昔。テレ東の佐久間さんが…今、フリーになったのか。佐久間さん、仕事くれ。帝王に仕事くれよ、お前尊敬してんのなら(笑)

佐久間さんがオールナイトニッポンで、小さい時から聞いてて、「ラジオの帝王だ」みたいなことを言い始めるわけ。帝王なんだから、位が上がってるわけじゃん。俺は平社員でここ入ったのが、一気に途中の課長とか何もなく、帝王になってんだから、凄いギャラとか上がってよさそうなもんじゃん。

なんでもないんだよ、帝王になったところで。にも関わらずさ、迷惑事ばかり増えやがってさ。なんか帝王だからイジッてくるわけ、色んな奴が。色んな奴イジッてくるじゃないですか。

それこそ、今日久々に名前出すけど、神田伯山とかイジッてくるじゃないですか。でさ、俺さ、イジられてなんか言い返すとさ、「出てきた若手を潰しにきた」みたいなことを言うバカがいるんだよ。

まぁそれはいいわな。で、色んなところでイジられるんですよ、「帝王、帝王」って。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事