麒麟・川島、THE W「ゆりやんvsAマッソ」の審査でアンガールズ田中とともに「同じ事務所のタレントとは逆の出場者へ投票」したことで評価されたと明かす「ガチなんだ、と」

2021年2月13日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、THE W「ゆりやんvsAマッソ」の審査でアンガールズ田中とともに「同じ事務所のタレントとは逆の出場者へ投票」したことで評価されたと語っていた。

劇団ひとり:THE Wですね。これは、田中さんと川島さんが審査員を務めていました。

川島明:させていただきました。

劇団ひとり:いかがでしたか?今回は。

田中卓志:いや、難しい。特に難しかったのが、ゆりやんvsAマッソ。

川島明:はい。

田中卓志:あれ、無理っすよね?

川島明:あれ、無理。

田中卓志:判定するの、数分間で。

川島明:あんなもん、無理。

田中卓志:だって、Aマッソも、漫才を前でやって、後ろの映像とリンクさせるっていう、新しいことをやってて。

矢作兼:うん。

田中卓志:で、ゆりやんもゴリゴリのお笑いでもう、説明しなくても「そっちが入ってこいよ」ぐらいのスタンスでやってるわけで。

川島明:うん、ホンマに。

田中卓志:これで判定しろって、全然違う競技をやってるわけで。

劇団ひとり:結果的に、田中さんはどちらに?

田中卓志:僕は、ゆりやんの方に入れたんですよ。でも事務所が一緒なのはAマッソで、よりによって最後の最後の投票の蝶々、飛んでいくんですけど、俺の蝶々だったんですよ。

飯塚悟志:おお。

田中卓志:で、ワタナベの人は多分、会社の人、「田中だからAマッソ勝ったな」って思ったら、逆に飛んでって(笑)

川島明:あれね(笑)

田中卓志:俺だけじゃないんだけどね、みんなで4票だから。

川島明:僕はだから、田中君と逆の立場です。ゆりやんが同じ事務所、Aマッソが違う事務所なんですけど、僕はAマッソに入れたんです。

飯塚悟志:おお。

川島明:そこの辺は、ツイッターで凄く評価されてました。

田中卓志:はっはっはっ(笑)

川島明:「この2人が、違う事務所に行ってる、ガチだな、これ」っていう。



ゴッドタン

本日の人気記事