麒麟・川島、オズワルドがM-1準決勝でおいでやすこがの大爆笑の後に漫才をすることになった際に見せた「凄い技術」を賞賛「トラブルかなってぐらい間を空けて登場」

2021年2月13日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、オズワルドがM-1準決勝でおいでやすこがの大爆笑の後に漫才をすることになった際に見せた、「凄い技術」を賞賛していた。

川島明:僕、準決勝の決勝進出者発表のMCをやったので、準決勝を最初からずっと見てたんですよ。

劇団ひとり:ああ。

川島明:ほんならもう、おいでやすこがが準決勝で大爆発したんですよ。ドカーンって、決勝の比じゃないぐらい、ドーンって全部ウケてウケて、その後、オズワルドやったんです。

飯塚悟志:うん。

川島明:で、グワーッとおいでやすこがの空気になってて、次の出囃子鳴ってるんですけど、しばらく出なかったんですよ、オズワルドが。

小木博明:え?

川島明:で、客が「あれ?トラブルかな?」ってぐらいで間をとって出てきたんです。

小木博明:へぇ。

川島明:だから、凄い出てくるところで全員が集中した間を狙って、パッと出て、オズワルドが小さい声で「お世話になってます」ぐらいから、グッと引き込むっていうテクニックを使ってて。

矢作兼:へぇ。

川島明:凄い技術で。こういうことをテレビで喋れてよかったですよ。嬉しい。

矢作兼:いやぁ、凄い、凄い。

川島明:一回、チャプター分けしたってところが。かなりね、あの2人、頭が良いと思います。

劇団ひとり:そこに気づいた川島君もだよ。

川島明:いやぁ、いい…ちょっとハイボールを(笑)



ゴッドタン

本日の人気記事