おぎやはぎ小木、マネージャーを車に乗せた時にクラブミュージックが流れてしまい必死に弁解していたと暴露される

2021年1月16日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、マネージャーを車に乗せた時にクラブミュージックが流れてしまい、必死に弁解していたと暴露されていた。

野呂佳代:(マネージャーが)小木さんの車に乗せてもらう時、その前まで一人で乗ってた時に流していたクラブミュージックがそのまま流れた。

一人の時にこういう曲を聴いていたということが恥ずかしいのか、曲について触れていないのに、「この曲は海外で…」など、聞いて経緯や、どういう曲かというのを説明してくれた。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

劇団ひとり:照れるんじゃないよ。覚えてますか?これ。

小木博明:ウチのサマーっていう、マネージャーよ、若い女の子。

劇団ひとり:うん、うん。

小木博明:「じゃあ、乗せて帰ってあげるよ」って言って、エンジンかけたら、クラブミュージックがかかって(笑)

野呂佳代:はっはっはっ(笑)

小木博明:「え?」ってなるじゃん、こっちも(笑)

劇団ひとり:なんないよ、別に(笑)

小木博明:マネージャーも「え?」って顔をするわけよ(笑)



ゴッドタン

本日の人気記事