東野幸治、「ダウンタウンのパクリになってしまうから」という理由でヘタな絵を笑われることはNGとしていると告白「松本さんが浜田さんの絵ヘタなのを笑いにしていて…」

2021年2月10日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第107回にて、お笑い芸人・東野幸治が、「ダウンタウンのパクリになってしまうから」という理由でヘタな絵を笑われることはNGとしていると告白していた。

東野幸治:皆さん、どう思うんかな。そもそもこの、絵描いてヘタクソで笑うって、そもそも誰発かなって考えた時に、僕の中でね、実はダウンタウンさんの番組で、松本さんが相方の浜田さんが絵ヘタやからって言って、「浜田画伯」っていうキャラクターで、それを笑いにしてたんです。

それがずっとオモロイ、面白いてなって、『アメトーーク』の絵心ない芸人とか、いろんな番組で、草彅剛さんが、ユースケさんとかでも「絵が下手や」って出して、みんな笑うじゃないですか。

でもなんか、やっぱりダウンタウンさんの下でずっと仕事させていただいてたんで、勝手な考えで、ダウンタウンさんが発明したやつやから、それやって笑い取ったら、「それ、パクリやん」っていう。これ、面倒くさい性格でしょ?これあるんですよ。

だから、今回もね、そのことで「親と子の絆です、そこ絵を描いてください」「いやいや、NGなんです」って言って、やり取り合って。「またまた」「いや、本当なんです」って言って。「ダウンタウンさんがこれやってるんで、パクリになるんで、すみません」って言ったら、さっきまで穏やかな現場が、シーンってなって。「あ、はい…」ってなって。

こんなん描いたらエエっちゃエエ話なんですけどね。なんか変なスイッチが作動して、「それで笑いとるのどうなの?」みたいなんが。これ、直していかなアカンところなのか。僕のまっすぐなところなんか、難しいところなんですけど。

ただ、今日の担当のディレクターは、「東野鬱陶しいなぁ、よう分からんこと言うてたわ、面倒くさい奴やな」って、絶対思ってますよ、絶対。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事