東野幸治、松本人志へのリスペクトもなく「すべらない話ないですか?」と言ってくる番組スタッフのことを心の中で「あ、才能ないスタッフさんやな」と思っていると告白

2021年2月10日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第107回にて、お笑い芸人・東野幸治が、松本人志へのリスペクトもなく「すべらない話ないですか?」と言ってくる番組スタッフのことを心の中で、「あ、才能ないスタッフさんやな」と思っていると告白していた。

東野幸治:これもやっぱり、ダウンタウンさんの案件になるんですけど、松本さんなの『すぺらない話』ってあるじゃないですか、あれが面白いじゃないですか。

芸人さんが、すべらない話一個は持ってるっていう。で、みんなが披露し合う。あれは全然いいんですよ。

たとえば違う番組行った時に、何かエピソードトーク、本番前にスタッフさんが「たとえば失敗談、何かすべらない話ないですか?」って、普通に聞いてくるんですよね。『すべらない話』のスタッフでもなんでもない、明らかに才能のない…ごめんなさいね、言い過ぎて。その場しのぎのなんかテキトーな説明で言ってくるんですよ。

「すべらない話ないですかね?最近の失敗談で、すべらない話。お願いします、すべらない話」っていう。

「それ、アカンやん」とは僕、言いませんけど、心の中で、「あ、このディレクターは才能ないねんな」って勝手にハンコ押してるんですよ。才能ないハンコを押して。「この人の話は、当てにならんな」って思って、今度また仕事で会う時に、「あ、才能ないスタッフさんやな」って思って。言うわけやないけど、そう思ってるんですよ。

「クセがすごい」って、それ千鳥のもんやのに、説明の時に「クセが凄い人がいてて」とか、ガサツに説明する人も、「あ、この人ガサツな人やな」って思って、ガサツハンコを押したり。

ホンマはしたらアカンのですけどね、そういうのをやっちゃうんですよ。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事